小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年10月アーカイブ

初めての赤ちゃん、県外の里帰り出産で受け入れてもらえる病院に苦労しました。小原さんで出産が決定した時も、正直あとからやってきた患者なんて適当に扱われるんやろうなって思ってたけど、小原先生や受付のスタッフさん、看護師さん、皆がとても丁寧ですごく安心しました。
県外に居る時は、きれいなマタニティーになりたい!できるなら妊娠腺も作りたくない!って体重管理がんばっとったけど、実家に里帰りしてしばらくしたら体重どーん。めっちゃ太りました(笑)でも体重は食べ過ぎじゃなくてむくみと言う先生。この暑すぎた夏の厳しい水分制限。無理!
意識しても毎週増え続ける体重。産むとき大変やで―!!って言われても体が水を求めるもん。ムリムリ!!ってなって水分制限無視。気づけば毎日増える体重に楽しくなってきた。10月12日予定日!!産まれる気配はなし。てことで行ってきました。大祭り♡2時間以上歩きまくってました。食べまくってました。知らない人にも、「もー出て来るやん。あかんあかん」と怒られたりしました。なんかあっても病院近いし。その夜、お腹ちくちく―。なんなんやろ?とか思いながら無視。そしたら夜中、耐えられない痛みじゃないけど寝れない痛みになってきて、病院来てみたら入院。朝まで部屋で待って、朝分娩室で子宮全開待ち。のんびりテレビ見てたら先生にだそかー!って言われて分娩始まった―!!痛かった!ビックリ(笑)水分制限無視したからむくみで全然出てこなくて、先生の言うことは聞くもんやなぁって思いました。まあでも無事産まれて来て良かった!どっちかというと産むより産んだ後の方が苦手。入院中動けないし、痛いし、何回ナースコールしたんやろ(笑)でもそのたび優しすぎる看護師さん達。ほんと天使でした♡ご飯も毎回美味しいし、看護師さんは優しいし、ここに住みたいです。帰りたくないです。そのくらい入院中は快適に過ごせました。退院してから不安だらけだけど、頑張って育てていきたいと思います。本当にありがとうございました。もし次があるときは、先生の言うこと守ります(笑)

今回初めての出産です。
今回出産を経験して、本当に出て来る感情といえば、先生・助産師さん・看護師さん・旦那も含め感謝しかありませんでした。
赤ちゃんが出て来るまでの間の言葉かけや、痛み逃し。本当に痛みがましになり、意識が飛ぶことなく子供が出る瞬間を味わうことができました。
文面がめちゃくちゃになりましたが、子供が産まれた瞬間泣いていた自分にもビックリしました。産まれてからも色々と、子ども・私の身の回りのお世話をしていただいて本当感謝しています。こんなに可愛い我が子を無事に産ませてくれた小原先生の皆様+本橋先生、看護師さん、本当にありがとうございました。
次もあるなら絶対にまたここで産みたいと思います。本当に本当にお世話になりました。ありがとうございます。

H25.10.7 元気な女の子を出産しました。
二人目の出産でしたが、一人目が一週間おくれたこともあり、おくれるかな?と思っていたら一週間早い出産でした。その日は、朝からなんかおかしいなと思いつつお腹が張る感じもあったのですが、陣痛ではなさそうなので気にもせず過ごしていました。夜、寝る前ぐらいになってだんだん痛くなったり~を繰り返してきたのでもしかしたら陣痛かな?と間隔を測るもバラバラで…。夜中寝るに寝れず時計とにらめっこしながら痛みに耐え、ついに5分間隔になったので病院に電話して行ったら既に6㎝開いているからすぐに産まれると言われ、そこから2時間ほどで産まれました。自分でもびっくりするぐらい安産でした。
先生や看護師さん、色々な方にお世話になりました。とても親切にして頂き、ありがとうございました。入院中も色々声を掛けて頂き、とても嬉しかったです。また、三人目(予定)がありましたら、お願いします。

一人目の出産が予定日より早かったこと、周りの人から「二人目は早いよ」「お腹が随分大きいから早く産まれるんじゃない」と言われていたことなどから、なんとなく自分でも早く産まれるかな…と思いこんでいたので、予定日が近づくにつれて張りや痛みに敏感になっていました。
まず予定日一週間前の夜、張りと痛みが15分間隔で来ていたので、病院に電話しました。電話では、とても優しく穏やかな口調で対応していただき「10分間隔になったらまた電話してきてくれる?それまでもう少し頑張って」と言って頂き、その声に少し自分が落ち着けたことが分かりました。
が…その後、張りも痛みも強くなることはなく、そのまま朝を迎え張りも痛みも消えていきました。その後は、夜になると張ったりすることはあっても特に変化もなく予定日を迎えました。その日は早朝トイレに行くと出血していたので、再び病院に電話。すると聞き覚えのある声でまた優しく穏やかに対応していただきました。朝、病院へ行き先生にも診ていただいたのですが、まだ早い…ということでいったん家へ戻りました。
そして、予定日を2日過ぎた日の深夜、今までとは違う痛みと張りを感じたので朝方まで様子を見ていると、それがどんどん強くなるのを感じました。早朝、病院へ電話。その後、少し家の用事を済ませてから病院へ向いました。子宮口は3㎝開いていて入院することになり、病室へと案内していただきました。
今回の出産は、自分がこんなにも痛みに弱かったのだ…と気づかされたのと同時に娘の成長にビックリさせられた…というのが大きかった様に思います。私が陣痛に声をあげると、鼻と口に指をあて「はい鼻から吸って口から吐く」と声を掛けてくれ、出産の痛みに取り乱していると「痛いなぁ、痛いなぁ、ママ頑張ってな」「痛いのは分かるけど赤ちゃんも頑張ってるよ―頑張って―」としっかりとした口調で私を一所懸命励ましてくれました。
出産前、娘を立ち会わせることに少し迷いました。やはり、恐がるのではないか…と。でもそんな迷いとは裏腹に、仕事で立ち会いに間に合わなそうな主人のかわり…いえそれ以上に立派に付き添いをしてくれている。本当にびっくりです。赤ちゃんの頭が出てきても、そして産まれて私がどんなに出血していても動じることなく全てを見届けて最後にはへその緒まで切ってくれていました。私は痛みに取り乱し、声をあげてしまって、先生やスタッフの方々にご迷惑をお掛けしてしまった自分がとても情けなく、恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。そして、娘がいなかったら…と思うとありがとうでは足りない位の感謝の気持ちがこみあげてきました。
最後になってしまいましたが、陣痛で苦しいとき優しく声を掛け根気よくマッサージをしていただいた助産師さん達、出産の痛みに取り乱し声を上げ足を閉じそうになる私に、落ち着くよう呼吸を整え声を掛けて下さいました。私にとって娘の励ましが大きな力になった事は真実ですが、何より先生、それからスタッフの皆さんのお力添えがなければ私は頑張る事が出来なかったのではないかと思います。本当に本当にありがとうございました。

二人目の出産でした。
長女の時もそうでしたが、妊娠が分かったのが私の誕生日で、また最高のプレゼントをもらいました。
一人目の時とはまた違い、悪阻のときも上の子のお世話があるし初期のころは辛かったけど、上の子もお姉ちゃん意識が強くなったのか、布団を掛けてくれたり大丈夫?と声をかけてくれたり、トイレも自分で言うようになったりと妊娠してから急に成長してくれてそれも嬉しかったです。
10月8日が予定日だったけど、5日早い出産になりました。それも長女と全く同じで姉妹だぁ…と思いました。前日の2日は長女の誕生日だったので、お祝いしてケーキを食べている時、お腹張るなぁ…と思っていたらそれが陣痛でした。冷や汗をかきながらも無事に長女の3歳のお誕生日を祝えて良かったです。
その後長女が「明日赤ちゃん産まれるよ」と予言し、次の日の朝出産となりました。3年ぶりの陣痛はこんなに痛かったっけ?と思うほど痛くて色々叫びまくっていました。すごく時間が長く感じたけど、主人も寝ずに励ましてくれ、先生も「早く楽になれるよう手伝ってあげるから」と言ってくれて、眠さと痛さと闘いながら力を振り絞っていきんだらスルッ!!と産まれて来てくれました。
元気な泣き声が聞こえて、私の胸の上に乗せて貰った時泣き声が止まり、幸せな気持ちになりました。お姉ちゃんによく似たかわいい女の子です。またこちらで出産できて良かったです。今回はマタニティビクスにも参加してイキミ方のコツも練習したので、安産だったのかなと思います。これからは4人で頑張っていきます。小原先生、看護師さん、ビクスの多美子先生、本当にありがとうございました。

長男を出産しました。初めてでした。予定日より、4日遅れで産まれました。
出産が近づくにつれ全身のむくみが激しくなり、帝王切開になるかもしれないと言われていたのですが、自然分娩で出産をすることが出来ました。夜中に陣痛がきて、強くなったり弱くなったりでいつ出産が出来るのかと何度も不安になり、痛みで泣きそうになりました。隣に助産師が居てくれて、少しでも楽なように呼吸の仕方を教えていただき本当に安心しました。
陣痛が弱かったため促進剤を使いました。すぐにお腹が張り、何度も何度も挑戦!しかし、顔と手にばかり力が入り、肝心の所にはなかなか力が入れられず…。先生のあと10回で産もうとの声掛けに、自分が頑張らないとと思い、6回目でやっと出てきてくれました。嬉しさと痛みからの解放で、大泣きしてしましました。自分が母親になるなんて未だに信じられません。でもこの痛みに耐えることができたので、これから色々と大変ですが頑張ります。
本当に良い環境の中、出産をさせてもらってありがとうございました。

今回2人目の出産で、予定日9月25日。早く出てきてくれるかなぁという予想に反して、予定日よりあっという間に6日経ち誘発することになりました。陣痛でバタバタ入院ではなかったものの、どういう展開になるのかドキドキで前日はほとんど眠れませんでした。
朝から処置をしていただき、モニターを眺める数時間、陣痛の波が徐々に来る者のまだまだ余裕。お昼もしっかり食べ強くなるのをひたすら待ちました。3時過ぎ、急に痛みが強くなるのを感じ、息子と部屋に居た主人を呼びました。苦しむ姿を息子に見せてはまずいと思いながらも我慢できない痛みに変わり、マッサージしてくれてる看護師さん離れないで~と頭の中で叫んでいました。いよいよいきむとき!1人目はいきみ方で苦労して何度かチャレンジしなくてはいけなかったので、今回は絶対短めにという思いが強かった。先生の掛け声とともに頑張りました。1回目のいきみで「頑張って!もっと!踏ん張って!頑張って!」フッー自分でも分からないうちに出ました。
小さな体で本当に頑張って出てきてくれた我が子を抱いた感覚は、一生忘れません。また、内宮さんの「遷御」と有難い日に産まれ、20年後がますます楽しみになりました。
先生、看護師さん、スタッフの皆さん、いつも良くして頂いて感謝しております。本当にありがとうございました!

北海道からの里帰り出産で、2人目の出産でした。猛暑日が続き、上の子と暑さに耐えるのが大変でした(笑)
上の娘が破水から24時間後の出産でしたので、あっという間の出産で本当ビックリしました。元気な泣き声で産まれて来てくれて、涙が出ました。
主人は上の子が居るので呼ぶか迷い、娘が可哀想なので立ち会いなしで1人での出産でした。へその緒を自分で切らせていただけたのはとても貴重で、とても素敵な経験をさせてもらいました。
先生を始めスタッフの方皆さんにとてもよくして頂き、とても快適に安心して過ごすことが出来ました。ありがとうございました!!

初めての出産でした。
結婚4年目の待望の我が子です。妊娠反応がでた時、嬉しくて泣きそうになりました。その気持ち、今でも忘れません。
その後2回の出血があってひどいつわりに襲われて、安定日まで不安な日々でした。それでも旦那さんの協力で我が子を信じて、一緒に乗り越えました。安定日に入ってからはトラブルもなく、健診の度に順調ですよっていつも先生に言っていただきました。予定日の4日前、自宅で夜中2時半におしるしが出て、5時に病院に到着。そのまま入院。そこから陣痛との戦いでした。今まで経験した事のない腰の痛みで気持ち悪くて吐き気になったりしました。時間経つのがすごく長く感じました。看護師さんの“この痛みがないと赤ちゃんに会えないよ”って言葉は凄く心に響きました。旦那さんもずっと側に居て、腰のマッサージをしながら励まし続けてくれました。午後5時から出産が始まりました。うまくイキミが出来なくて、ただ先生と看護師さんのリードを聞いて、息を止めて力いっぱい出しました。6回いきんで赤ちゃんと対面出来ました。皆さんの励ましの言葉がなかったら産めなかったかもしれません。産んだ後スッキリして、もう一人産みたい気持ちになりました。入院中、スタッフの方々の親切な対応がありがたく、分からないことなんでも丁寧に教えていただきました。部屋が綺麗で料理もおいしくて、とても快適な入院生活を送ることが出来ました。
もし二人目ができたら、またここで産みたいです。無事に出産することができて院長先生はじめ看護師さん、スタッフの皆様、本当にお世話になりありがとうございました。これから楽しんで子育てを頑張るのでよろしくお願いします。

今回2人目の出産でした。
産休に入るまで上の子のお世話と仕事で、お腹の赤ちゃんを意識することが少なく、なんとなくごめんねと言う気持ちで実家に戻りました。
26日朝方から弱い陣痛を感じました。なかなか強い痛みにならず、少し心配しながら過ごしました。27日になる頃にはだんだん陣痛が強くなり病院に入りましたが、いきんでもよくなるまでに時間が掛かり、とても辛く長い時間に感じました。
主人と助産師さんが側で支えてくれたので、乗り切れたと思います。最後は、先生の大きな掛け声のお蔭で、1人目より短い時間で赤ちゃんに会うことができました。
3560gの大きな赤ちゃんにビックリ!
少し陣痛が進むのが遅かったことで、27日、お父さんと同じ誕生日になりとても良い記念日になりました。
前回同様病院のスタッフ皆さんがとても優しく親切で、上の子にも親しく接して頂き、大変感謝しています。どうもありがとうございました。

今回は2人目の出産で、予定日は9月30日でした。
里帰りでの出産でしたので、7月の終わりごろ、初めて小原先生に診察していただきました。丁寧に説明・診察して頂き、看護師さんの対応も親切だったことが印象的でした。
出産した日の前日、23日の深夜1時、水が出て来る感覚があり目が覚めました。1人目の時、破水だったので「今回も破水かも?」と思い、主人や母をおこし病院に電話をし、すぐ病院に行くことになりました。この日、上の子が寝る時、ずっと「お母さんだーいすき、お父さんもじいじもばあばもだーいすき」と言いながら眠りについたのですが、もしかしたら何かを予感していたのかもしれません。病院について、小原先生に診てもらったところ、このまま入院することになりました。この時まだ痛みも何もなく、部屋で休んでいました。23日の夕方頃、生理痛のような痛みがあり、「これは?」と思っていたら少し出血がありました。そして、夜11時頃、強い痛みがやってきました。陣痛でした。すぐLDRに移動することになりました。1人目で痛みを経験しているから、大丈夫かな?と思っていましたが、すっかり忘れておりやっぱり痛かったです。看護師さんが呼吸を指示して下さり、少し落ち着くことができました。何度痛みがやってきても産まれる様子がなく、途中で心が折れていました。しかし先生が「あと5回いきんで出そう」とおっしゃり、看護師さんの「頑張れ!頑張れ!」という言葉と先生の「もう産まれるよ!」という言葉に最後の力を振り絞ることができ、元気な産声を聞くことができました。
出産の後、先生が「自分の力で産めて良かったなぁ」とおっしゃり、私は「あぁそうか、今回は促進剤ではなく、自分の力で産んだんだ」と初めて気づき嬉しくなりました。何よりも、無事。元気で健康に産まれて来てくれて本当に良かったです。
小原先生、看護師の皆さん、スタッフの皆さん、いつも丁寧・親切に接していただき安心して出産、産後を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

今回は4人目の出産☆パパがとっても楽しみにしていた女の子♡
小原先生の所での出産は2回目で、前回の出産が2年8ヶ月前だったので、何も不安も心配もなく、健診もいつも楽しみにしながら病院に通ってました。
予定日は19日、なぜか4人目だしと私も周りもきっと早く産まれてくるよ~と言ったり思ったりもしながら、なんだかんだで予定日間近までお腹にいたベビーちゃん。
今回3週間くらいずっと前駆陣痛もあって、何回もパパに陣痛来たかも!!と期待させちゃっていたので、16日の夜10時頃“アレ?痛いっ”と思っていても1人で痛みを耐えていました。どんどん痛みが強くなってきて病院に電話して、慌てて皆で病院に着いたのはPM11:00頃。なんだか、いよいよか☆っと思いながら一気に不安と恐怖が!!!痛みに強い方だった私。今回は痛くて×2こわくてこわくて。
パパが立ち会ってくれてたけど、なんだか体ががたがた震えるし陣痛痛いし。あれよこれよと日にちが変わって17日AM1:46元気な女の子を出産しました。今回は、本当に疲れた~。痛かった~。でもあっという間の出産で♡先生に安産でよかったなぁ~と言ってもらえました☆先生のおかげ。
小原先生に赤ちゃん取り上げて貰ったのは2回目だったけど、本当2回ともスムーズに出産できたのは、小原先生や看護師さんのお蔭でした♡ありがとうございます。
パパは、ベビーちゃんにメロメロ♡娘や~と言いながら嬉しそうに抱っこしてました!でも私が陣痛で痛がってても立ち会いは2回目だったからか一番余裕で“がんばれ”っとさらっとしてました。でもあまりにも出産が早かったから、途中でパパもビックリしてたみたいです。
これから大家族♡6人♡で楽しく過ごしていきたいです♡
今回の出産に色々関わってくれた皆様、ありがとうございます♡
楽しんで子育てします☆

3人目の出産で、こちらでの出産は初めてでした。
上の子が2人女の子で、男の子を生み育ててみたいとの思いでこちらでお世話になることにしました。先生のお蔭で、望みどおりの男の子だと分かった時は、主人ととても喜びほっとしました。
予定日が9月20日でしたが、8月の終わりにはだいぶ下がって来ているよ―と言われていたので、家族の中ではてっきり早く産まれてくるものだと思っていて、家から病院まで1時間ほどかかるので間に合うかな…と毎日ドキドキ過ごしていましたが、上の子の運動会や家の事情から入院して陣痛を付けていただくことにしました。
一人目の子は破水から、2人目の子はおしるし・陣痛から…で、3人とも全く違うお産となりましたが、同じ痛みなら今からくる!と分かっていた誘発分娩は私にはあっていたような気がします。
今回は、私の都合で赤ちゃんには早く出てきてもらうことになったので、私が頑張るより赤ちゃんに頑張ってもらわないとと思い、痛みが来るとお腹をなでて“頑張れ―”と言っていました。私も痛いという言葉は言わないように頑張り、お腹で頑張ってくれてると思うと痛みも乗り切れたように思います。
最後は、5回で産もう!と先生が言ってくださって5回でいいの?!と嬉しくなったところで、頑張ったら1回で産まれて来てくれました。先生と助産師さんのリードが分かりやすく、安心できたからだと思います。
今回で最後の出産と思っていたので、穏やかにスムーズにお産したいと思っていましたが、自分の思っていた安産になったのも先生や助産師さん・看護師さん・主人のお蔭だと思います。本当にありがとうございました。
助産師さんがずっとマッサージしてくれていたのは、本当に心が救われました!

3人目の出産です。毎回この感想ノートを書くときになると、妊娠した時から出産までのいろんなことが思い出されてきて涙がでます。
特に今回の出産では、実家の両親が病気で体が弱く頼ることができなかったので、悪阻の時に子供が休みのときとかに少し預かってほしいなぁ―と思う時もありましたが、近くに居た友達が凄く助けてくれたので、すごく感謝の気持ちでいっぱいです。
3人目だから早く産まれてくるのかなぁ―と思ってましたが、予定日より3日遅れで出産しました。
先生の「そう、もう一回。上手だ―。頑張れ」という言葉と助産師さん・看護師さん・旦那・二人の子供、そして色々助けてくれた友達、実家の両親に親戚の人の皆さんのお蔭で、無事元気な子供を出産できました。ありがとうございました。そして、何と言っても小原産婦人科さんのご飯はとても豪華で美味しかったです。
いろんな人の優しさに感謝しながら、元気に笑顔の素敵な子供に育てていきたいな―と思っています。

☆助産師さんが、LDRで寝ている私に赤ちゃんを見せて「おかあさん ありがとう」って言ってくれた時感激しました(涙)

初めての出産。わからないことばかりでしたが、先生がいつも丁寧に教えてくれました。出産予定日が15日だったし、初めての出産は遅れると周りから言われていたので、まだまだだと思っていました。
12日の午前3時ごろにトイレに行くと、大量の出血。とりあえず母親を起こして、病院に電話して、検診→入院。そこからは寝て、陣痛で起こされの繰り返しでした。午前8時頃からLDRに主人と入り、強くなる痛みに「う"~」「痛いよ~」とわめいていました。お昼すぎに先生が来てくれ、気付いたら出産の状態へ。いきみ方がよく分からず、でもお腹は痛いしどうしたらいいのか分からない私に、スタッフの方たちは「大丈夫だよ」「息吸ってはいて…」と優しく声を掛けてくれました。途中で何度も「もぉ無理!!!」って思ったけど、スタッフの方や主人に励まされ、頑張る事ができました。出産当日に病院に来てから出産までに「先生こわい」「先生に痛いことされる」と先生恐怖症になったけど、出産後に「おめでとう。頑張ったね」と笑顔で言って下さり、本当に嬉しくて泣きそうでした。
初めての出産で不安もあり痛さもあり、いいことばかりじゃなかったけど、この病院だからこそ頑張れたし、沢山いい思い出ができました。本当にありがとうございました。