小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年8月アーカイブ

二人目の出産でした。上の娘の時も、こちらで里帰り出産をしました。
8月12日に日付が変わった頃から、痛いな―という感じで目が覚めました。AM3:00頃10分間隔で強い痛みになり、別室で寝ていた夫を起こし上の娘を父と母に預けて病院へ。一人目の出産の際にあまりにも痛かった記憶があったので、まだまだ産まれないなーと勝手に一人で思っていました。LDRで陣痛の痛みに耐え、看護師さんに腰をさすってもらい、夫には「やっぱり無痛がいい」とわがままを言いながら、ついにいきんでもいい許可が!先生に「3回いきむよ―」と言われ、よし頑張るぞという気持ちがわき、3回目で赤ちゃんに会えました。夫も立ち会え、へその緒を切ってとても嬉しそうでした。私は後陣痛もやってきてちょっとぐったりでしたが、カンガルーケアをして赤ちゃんのぬくもりを感じてとても幸せでした。出産は大変だけど、我が子に出会える喜びは支えてくれる人がいるからこそとっても大きいものなんだな―って改めて実感しました。先生を始め入院中に色々お世話になった看護師さん、スタッフさん、本当にありがとうございました。これから二人の子育て頑張りたいと思います。

二人目の出産でした。
予定日8月9日を過ぎても何の気配もなく、お腹の中でゴロゴロよく動いていました。私ものんびり屋さんなので、それほど焦りもなくゆっくりでもいいかなぁ~っと思っていました。二人目ってこともあって、自分にも余裕があったのかも。でも上の子(お姉ちゃん)もばあちゃんに預けているので、なんとかパパが休み中に産まれてくれると助かるなぁ~と思い、先生に8月12日に産ませてもらうようにお願いしました。朝から点滴を打ち、ゆっくりじわじわ陣痛がきました。やっぱり自然の陣痛と違い、無理やり産むと決めた親の都合による陣痛はえらかったです。朝10時から夕方6時まで…。それでもなかなか赤ちゃんの頭が下がってこなくて本当に泣きそうになりました。この腰の痛みがいつまで続くのか、先生は「7時まで点滴してダメなら明日にしよか」って言ってくれた。“ホッ”としたように思ったけど…。それではまた明日も「この痛み!!」と思ったら「イヤ!!」「やっぱり今日産む!!」赤ちゃんに何回も何回もお願いしました。「出てきて―会いたいよ―早く―」看護師さんも何回も何回も声を掛けてくれて腰をさすってくれて、本当に嬉しかったです。ほんと痛みがなくなり楽になりました。先生も何回も見に来てくれて申し訳なくなりました。あと1時間!!子宮は4.5㎝まで開いてきた!!あとは赤ちゃんの頭が下がって来てくれるだけ…。赤ちゃんの頭が下がってこない原因は…なんと便秘が原因!!先生と看護師さんには大変迷惑をお掛けしました。便秘を解消した途端、赤ちゃんの頭が下がり「あっという間!!」6時38分に2回いきんだだけで赤ちゃんに会うことが出来ました♡びっくり!!「原因が便秘…」本当に先生と看護師さんには申し訳ないことをしたと思っています。頭が下がります。「コレ」さえなければ安産中の安産って自慢できるのですが…。本当に先生・看護師さんには感謝です。待ちに待った赤ちゃんは、とってもかわいいです♡のんびり屋さんの赤ちゃんかなぁ~?!って思ってたけど、赤ちゃんは早く出たかったのかも!!ママが一番のんびり屋さんかも?!今日から二人のママとしてがんばります。ありがとうございました。

予定日は8月26日でしたが、15日早く8月11日に出産しました。
産まれる前日の8月10日に検診していただいた時「もういつ産まれて来てもおかしくないよ」と言っていただいて帰ってきてしばらくしたら少し出血していて、検診していただいた日だから出血したのかな?と思っていたら、だんだん出血が多くなってお腹も少し痛くなってきたので病院に電話すると「一度調べてまだだったら帰ってもらうかもしれませんが来てください」とのことだったので、念のため調べていただく事にしました。LDRで陣痛が10分間隔になって入院したのですが、陣痛が弱くなってしまい、翌朝先生に診察して頂いたら子宮口は3㎝開いているとのことでした。里帰り出産の為、主人も仕事が休みで一緒に来ていたので主人のいる間に“促進剤を使って分娩するか、そのまま自然に陣痛が来るのを待つかどっちでもいいよ”と言って下さったので、自然に陣痛が来るのを待たせていただきました。何度か陣痛は来たのですが消えてしまいました。まだ予定日までだいぶあるから産まれてこないのかな?と思っていたら、赤ちゃんを取り上げて下さった助産師さんが「逃せる陣痛は逃してだんだん進んでいくからそれで大丈夫」と言って下さってこのまま入院していていいのかな?と少し不安になっていたので安心しました。18:45頃陣痛が7分間隔ぐらいになって19:30頃強い陣痛になり、診察して頂いたら赤ちゃんの頭まで6㎝でお産がこのまま進むとの事でした。LDRに入ると小原先生が居て下さって、陣痛の合間に優しい笑顔で声を掛けて励まして下さって安心して無事に安産させていただきました。赤ちゃんの産声が聞こえた時は本当に嬉しくてカンガルーケアをしている時は幸せいっぱいでした。里帰り出産の為主人の立ち会いは無理だろうとあきらめていたのに、入院するときから出産まで立ち会ってもらえて臍の緒も切ってもらえました。パパが居る日を選んで産まれるという親孝行をしてくれて4人家族になりました。上の子も一緒に入院させていただけて、小原先生・助産師さん・看護師さん・病院の皆様がお会いするたびに上の子に優しく話しかけて下さり、赤ちゃんが産まれて嬉しい気持ちとやきもちを焼いている複雑な気持ちも理解して気遣って下さり、上の子のこれからの接し方まで教えて頂けて嬉しかったです。入院中の食事もとても美味しくて、上の子も一緒に食べて「おいしい」って喜んでいました。ご馳走様でした。
小原産婦人科で出産させていただけて本当によかったです。
小原先生、病院の皆様、ありがとうございました。
*赤ちゃんへ*
パパとママとお姉ちゃんの所へ産まれて来てくれてありがとう。みんなずっと楽しみに待ってたんだよ。これから家族4人でいっぱい楽しく過ごそうね。
 

小原さんで二人目の出産でした。
一人目は3年前の出産ということもあり、痛みなどはほとんど忘れていました(笑)11日の朝からおしるしがあり少しお腹が張るような…お昼からはだんだん間隔が出来てきて、4時頃には弱い陣痛ながらも10分間隔に!二人目と言うこともあり一応病院に電話!診察してもらうことになり病院へ。その頃には、イテテテテ…と言う感じで休みながら行動。そのまま入院になりました。7時にLDRに入り、8時頃からいきむ準備!!!2~3回ででてきてくれました!3年前の痛みが一気にフラッシュバックしましたが、この産まれた瞬間の感動をもう一度味わうことが出来とても幸せでした!!!旦那は仕事で立ち会えず母と娘が居てくれましたが、娘が私の痛そうな姿に泣いてしまい私一人のお産に…でも!助産師さんの優しい言葉、先生の力強い言葉に本当にたくさん助けて頂き、支えて頂きました。二人目も無事小原さんで産むことが出来よかったです。ありがとうございました!娘と息子、大事に育てていきたいと思います。

ずっと妊娠を望んでいたので、検査薬で陽性反応が出てこちらでちゃんと検査していただいたら、まだかなり早い段階だったのか柿の種くらいのエコー写真を頂きました。それが毎回健診で成長してるのがとても嬉しかったです。
産まれてくるまでにつわり、出血、坐骨神経痛での入院、そして頭が下がってないから遅くなるかもと言われていたので「おりてきてね~」って話しかけてたら予定日よりも早くおしるしがあり、だけど頭はまだ下がってないのでもしかしたら帝王切開になるかもと言われ、不安に感じてるところにレントゲンを撮ってきてと言われ撮りに行ったりと…あまり不安がってお腹の赤ちゃんに伝わっちゃうといけないと思いつつ、お腹マッサージをしながら話しかけてたら翌日はじめは何かおかしいなくらいだったのが、この痛みは!?と気づいた時には3~4分間隔で陣痛が来てて連絡し、LDRに通された後は段々増してくる陣痛に腰が痛み、でも結果自然分娩で産まれて来てくれました。約7時間かかったみたいですが気にならなかったです。旦那さんも私と一緒にいきんでくれてたみたいで、ちょっと疲れつつへその緒を切ってくれて、産むことはできないけどパパの実感はかんじてもらえたかな。
検査や入院、出産と親切丁寧に対応して頂いた先生・看護師さん・助産師さん、本当にありがとうございました!!!
それにお腹の中ではすっごく暴れん坊だったのに、今はスヤスヤおとなしく寝てるベビちゃん、無事に私たちの元に産まれて来てくれてありがとう♡

予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ず、促進剤を使っての出産となりました。思いの他2人目は、陣痛もそれほど痛くなく、本当に辛かったのは最後の1時間だけでした。やはり、いきみ逃しをうまく指導していただいたことと、2人目だったのでいざお産が始まると前回教えて頂いたことも併せて考えながら出産に挑めたことが大きかったと思います。ただやはりその過程では不安も大きく、腰をさすっていただいたり、適切な声掛けをしていただけたことで最後まで我慢できました。
先生を始めスタッフの皆様には感謝しています。自宅に帰ってからがまた大変ですが、今回は母乳育児でいけるよう頑張りたいと思います。ありがとうございました。

予定日より、1週間遅れての出産になりました。
前日PM11:30頃、旦那の仕事が落ち着き、「もうそろそろ会いたいね」と二人でTELで話して就寝。その1時間後に破水…。最初破水なのかな!?と疑問でした。全然痛くなかったのに向かってる途中に突然痛みが出て、計ってみると既に3分間隔。そこから旦那に連絡をとり、岐阜から向ってもらいました。診察してもらうと2㎝!!そこから段々痛みが増し、もー逃げ出したかった!!分娩室に入ると、さらに強い痛みで5㎝!!やっと半分。先生には夕方頃かなと言われ、まだまだ先だぁ―と思いました。そこからあまり記憶がなく…。気づいた時には、自分の出血に驚き、痛みに耐えれず逃げ出す自分でした。2回目いきむときに、泣いて無理!!怖い怖いとおじけずいたけど、先生・助産師さん・だんな・お母さんのかけてくれる言葉に励まされました。途中途中で先生が、あと何回!!あきらめない!と強く言葉かけをしてくれ、さらに頑張ろうと思いました。
私は泣き虫やし痛がりだし…今思えば恥ずかしい!でも先生に90点と言われほっとしています!(^^)!
小原産婦人科で出産出来て良かったです。今、我が子が隣にいることが凄く幸せです。ありがとうございました。

赤ちゃんが出来たと分かった時は、本当に嬉しかったです。仕事は毎日残業で辛かったけど、この日を迎えられたことを嬉しく思います。
お盆には実家に帰りたいなと思っていて、入院のことも考えると8月7日までには産まれてほしいねと主人と話していました。焼き肉を食べると出産すると聞いたことがあるので、6日の夜二人での最後の外食になりますようにと願いながら焼き肉を食べに行きました。そして8月7日の朝5:00頃。なんかお腹痛いなと思いトイレへ。でも便も出ないし、また寝ることに…。やっぱりお腹が痛くて何度か起きました。もしかして陣痛かなと思って、間隔を測ることにしました。痛みの時間もバラバラだしお腹もそこまで痛くないし、前駆陣痛かなと思っていました。12時頃トイレへ行ったら出血があったので、主人と少しドキドキしながら過ごしました。17:30頃になると痛みの間隔が10~15分くらいになってきたので病院へ電話し、先生に診察して貰ったら子宮口が5㎝開いとるから入院しよかということで入院になりました。21時頃になると5分くらいの間隔で痛みがきて、あまりにも耐えられず主人に看護師さんを呼んでもらいました。そしてLDRへ移り、いよいよ出産!!!陣痛は本当に痛くて「痛い~!」と叫ぶ自分にもちょっと驚きました。主人も必死で私の腰をさすってくれていました。付き添ってくれて本当に助かりました。破水してから先生が来てくれて、何度かいきんだけど下手みたいでなかなかでてきてくれず…何度ももう無理―!!!と思いました。でも、先生や看護師さん、主人の励ましの声で23:20に無事に出産しました。初めて我が子を抱いた時は本当に嬉しかったです。頑張って良かったと実感しました。これから3人で楽しく過ごしていきたいです。
小原産婦人科の皆様、本当にありがとうございました。無事に出産でき、感謝しています。

二人目の出産でした。
一人目は違う産院で出産しました。二人目は上の子もいるので実家の伊勢で産もうと決めてました。友達から小原さんの事を聞き、小原産婦人科で産もうと決めました。里帰り出産で32週で先生に診てもらったところNSTで張りが結構あったので、先生に「入院した方がいい」と言われ、それから24時間点滴の毎日の生活が始まりました。点滴生活は本当に辛かったです。約一か月入院していました。でも産まれたらあの点滴生活はこの子にとって本当に大事だったんだと思いました。
一人目は帝王切開だったので2人目はできたら下で産みたいといったところ、「赤ちゃんが下から産まれてきたそうにしてたら頑張ってみよう!!」と言ってくれ自信がつきました。8月6日PM11:00頃から陣痛みたいな痛みがきて、7日AM4:30くらいにLDRへ。旦那さんが来るのを待ちながら痛みに耐えて、そのうちに来てくれて腰をさすってもらいながら先生が分娩しに来てくれるのを待ちました。そして痛みが強くなって「もう限界!!いきみたいです!!」と看護師さんに言ったら、先生を呼びに行ってくれて先生が来てくれて、分娩体制の準備を始めてくれました。
せっかちな私は「先生何回いきんだら産まれますか?」と聞き「う~ん、15回かな」と言われ、心が折れそうになりました…(笑)「15回もあるの??」と言ってしまいました。でも実際は8回で産まれて来てくれました。安産でした。
念願の自然分娩が出来て、本当に嬉しかった。本当に感謝です。
しかし想像していたのより自然分娩って本当に戦いだなぁと思いました。陣痛も痛かったけど、私的にはいきみ逃し??をするのが辛かったです。いきみたくてもいきめない足を動かしたりじっとしていられなくてすみませんでした。ずっと横で励ましてくれた旦那さんにも感謝です。そして、先生・入院中もお世話になったスタッフさん、本当に皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。一人目が帝王切開でずっと私の心の中で残っていた思いが一気になくなりました。一生忘れない体験になりました。本当にありがとうございました。

出産前日、一人目の時のような尿漏れのような感じ、破水かな?と思い診察を受けましたが結果破水ではなかったので一度家に帰り、その日は午後からのマタニティビクスに行きました。
次の日の朝、緩い痛みを感じたのですが、あまり気にせずいたところおしるしがあったので病院に電話をし、しばらく様子を見ることに。だんだんと間隔も短くなり痛みも強くなってきたので、病院へ向いました。その間ずっと意識していたのは、とにかく呼吸をする・声を出さない、でした。一人目のお産の時に、息を止め声を出したため痛みがきつかったからです。そして、マタニティビクスで学んだこともとても大きかったです。分娩中、張ってきたらいきんでと言われていたのにうまくタイミングがつかめず、何度も何度もいきみましたが中々出てこずくじけそうになったのですが、先生と助産師さんがずっと声を掛けてくださり自分にも心の中で頑張れと言い聞かせて頑張る事ができました。赤ちゃんが出てきた瞬間は、ほっとしたのと同時に感動で涙が溢れてきました。私も痛くて辛かったけど、お腹の中に居た赤ちゃんはもっと大変な思いをして私たちの所に来てくれたと思うと涙が止まりませんでした。
小原先生にもスタッフの皆さんにも、とてもよくして頂き本当に感謝しています。もし次があればまた小原産婦人科でお世話になりたいと思いました。本当にありがとうございました。