小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年6月アーカイブ

2人目の出産でした。
予定日は27日だったので、19日の朝6時頃に軽くちくちく痛みがあるけど前駆陣痛?でも2人目やし早いんかな?なんて考えながら病院へ電話しました。その時でばらつきは少しあったけど約10分間隔。でも全然軽い痛み。
1人目の時がスピード出産だったこともあり、病院へ来るように言われてお腹の張りを見る機械をつけました。痛みは少しずつ強くなってきたけど、子宮口は2㎝くらいしか開いてないし、先生からは「夕方位になるかなー」と言われたので、いったんLDRから入院の部屋へ。入院の部屋に移ってからすぐ痛みが強くなり、間隔も短くなってきました。「LDRに移る?」と言われて、歩いて移動中LDRまでの廊下で歩けないほどの激痛!!!なんとかLDRまで行き、もぉ―無理―!!!と思って2回いきんだら産まれました。自分でもびっくりするくらいの超安産&超超スピード出産(笑)
痛みが強いときに付き添って頑張って腰をさすってくれてた旦那さん。先生、そして看護師さんのあたたかい声掛けは、今思い出してもすごく心強かったです。
そして、元気な女の子の赤ちゃんを産めることが出来ました。本当にこの病院で出産できてよかったと思います。ありがとうございました。

初めての出産でした。予定日一週間前の17日の朝、違和感で目が覚めました。おもらししてしまった?!と思いましたが、それにしてはずっと出て来る…もしかして破水!?と思いトイレで確認するとやっぱり破水っぽいので小原さんへ電話しました。
PM7:00位にLDRへ移動しましたが、子宮口はまだ4㎝。PM10:00過ぎに、もう限界とがむしゃらにいきみました(笑)看護師さんが呼吸をリードしてくれたりアロマのマッサージをしてくれたりし、何とか呼吸することができました。PM11:05出産。カンガルーケアをさせてもらって「あー産まれたんやー」とすごく感動しました。いきみ逃しもいきみもへたくそなお産でしたが、先生や看護師さんが分かりやすくリードしてくれてなんとか出産できました。ありがとうございました。旦那にも立ち会いして貰えて産まれてすぐ抱っこしてもらえたので、すごく嬉しかったです。長い間腰やお尻を抑えてくれた旦那にも感謝。LDRの前で3時間ずっと待ってくれていた両親にも感謝でいっぱいです。今は美味しいご飯ときれいなお部屋に癒されています。看護師さんもみんな優しくて、質問するとなんでも教えてくれるのでたくさん教えてもらってます。母乳のことなど初めてのことばかりなので…。今は正直二人目なんて考えられませんが、もし二人目に恵まれることがあれば、また小原さんにお世話になりたいと思います。
初めての出産が小原さんで良かったです。本当にありがとうございました。明日から育児楽しみます!!

今回4人目の出産でした。待望の男の子です。上の子達は3姉妹で年も2歳ずつしか離れておらず、3人目から9歳差の赤ちゃんです。昨年の夏から体調が悪く、夏バテかな?と思っていて、まさかの妊娠とは思っていませんでした。分かったのも4ヶ月のはじめでした。みんなに「4人目で4ヶ月まで気づかんとかありえやん!」と言われ、「確かに」と思ってみたり…
だんだんお腹も大きくなって、お腹の中で動くと「あっ今動いた」と言ったとたん夫の手がサッと出るの繰り返しで「早く産まれておいで―」と毎日話しかけてくれました。
15日に不定期に、お腹の張りと痛みがあるので「もしかしたら陣痛かもしれん」と夫に言いました。16日の朝7:00やっぱり痛いなぁと思いながら時計を見ていると次女が「お母さん7:00やよ」と起こしに来ました。洗濯して干し終わっていつでもOKの状態で間隔を計り、10分おきになってから病院に連絡しました。病院に着いて診て貰うと、3㎝子宮口が開いていました。病室に来て、陣痛を計ってもらって13:00頃破水。LDRへ。どのあたりでか覚えてないですが「よし、もうきばろか!?」と先生のGOサイン!それから何回かきばったのですが、なかなか出てこず。あまりの痛さにのけぞり、皆に抑えられ「ちゃんと元の位置に戻って」としかられ元の位置に戻り次には産まれていました。のけぞった時に、上の子3人産んだ時の2倍位の痛さでした。「もう無理」「もうイヤ」「次なんて…」と夫に訴えました。なんと、息子は子宮を出る時、頭頂部からではなく顔から出てきたそうでした。先生達もはじめてから出てきたのかと思い、穴が開いているのでエコーで確かめたそうでした。穴の正体は口でした。思わず息子の後頭部を見て「頭なおる?!」と先生に聞きました。翌日には腫れも引いてきて、だんだんかわいくなりました。今回は4人目ですんなりお産も済むと思っていたので、予想外の顔からにはびっくりしました。先生も何万人と取り上げてきて、顔から出てきた赤ちゃんは2人目とビックリしていました。自分も今では笑えますが、すごく痛い出産でした。でも日にち薬と同じで、2日も過ぎるとやっぱりもう一人ほしいなと思えるんです。5人は欲しいと前から思っていたので…。今回夫は初めての立ち会い出産でした。私も夫がそばに居てくれてよかったです。夫の親指をへし折る勢いだったので、後で「大丈夫やった?」と聞いたら「お産に比べたら折れる位平気」と言ってくれました。
本当に今回のお産で、予想外が起こることを学んだと思います。夫も「色々ビックリすることの連続やった」と言っていました。でも無事に五体満足で産まれてくれた息子。それもこれもやっぱり、小原先生や助産師のKさん、看護師の皆さんのお蔭だなと思います。産後、メキメキと元気を取り戻したら暇やなと思うようになり、看護師さんに喋りに行ったり(仕事の邪魔してごめんなさい)とても楽しい入院生活でした。ディナーも凄く美味しかったです。(食事の時、緊張で挙動不審になってしまいました。夫に笑われました)もし次回があったら、またよろしくお願いします。本当に毎回同じこと書いてますが、ありがとうございました。

初めての出産でした。36週5日で予定日よりもだいぶ早く産まれました。
ドライヤーで髪を乾かしていた時、ドバーっと水が…!この時、破水だ―と気づき、慌てて病院へTELすると先生に「それは破水やな。入院の準備をしてきてください」と言われ、急いで準備。予想外の展開にあたふたしながらも病院到着。まったく陣痛なんかくる気配もなく、さて寝よ―と思ったらあいててててて…!2時半頃とうとう10分間隔を切り出すと我慢できない程の痛みに変わり、いよいよLDRへ入ってからだんだん痛くなる陣痛に我慢できず涙がボロボロと…。看護師さんが腰のマッサージをしてくれたり、励ましの声を掛けてくれて心が凄く落ち着いた。午前5時、痛みレベルMAXになりやっといきめる―!!!看護師さんに言われるがまま呼吸の真似!先生の声に活を入れられ負けそうな自分とのバトル!!何回かいきんだら「次もう頭見えてるからだすよ―!」この声で出してやる―!そして…「おめでとうございます!」先生の声に感動でまた涙…。さっきまでの痛みが嘘のように消え、会ったばかりの我が子を見てすでに大好きだと思い。無事に産まれて来てくれたこと、先生、スタッフさんに感謝の気持ちでいっぱいでした。自分が出産するときは小原先生に!と思っていたので、本当に感謝の気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

初めての出産でした。12日におしるしがあり、13日の朝方約10分間隔の陣痛らしき痛みがやってきて、出血の量も増えてきたので、病院へTEL。予定日より遅れていたこともあったのか“入院の準備をしてきてくださいと”の事。
13日から旦那と母がずっと付き添ってくれていて、腰をさすってくれたり励ましてくれたりして頑張れました。一人で産んだ人がすごいなと思った。旦那たちが居てくれたから、痛かったけど乗り越えられた。37時間45分という難産でしたが、色々経験できてよかった。そして、先生やスタッフの皆さんが励ましてくれたお蔭です。本当に安心出来てよかったです。なぜかスタッフの方が来てくれると、陣痛の痛みが和らぎました。先生が10回で産もうと言われ、10回もいきむの?!と思いましたが、8回で産まれてくれてちょっと安心しました。
後から旦那に色々聞くと、37時間45分という難産を一緒に居て良い経験になったし、立ち会って本当に良かったと何度も言っていました。
本当に色々先生やスタッフのみんな、励まして下さったりしたお蔭で乗り越えられました。ありがとうございました。
赤ちゃんも頑張ってくれているのが心音で分かったので私も頑張ろうと思えたし、母になるんやからと自分に言い聞かせました。これから新米パパ・ママとして赤ちゃんとみんなで頑張っていきたいと思います。二人目は安産で産みたいと思いました(笑)

今回二人目の出産で、初めてこちらでお世話になりました。病院を変えての出産だったので、2人目だけど初めてのことが多く不安もありましたが、お産が終わった今となってはここで産んで本当に良かったと思います。LDRのお蔭で陣痛で痛いときに分娩台に移動しなくてもいいし、何より家族が居てくれたお蔭で陣痛を待っている間気が紛れたので助かりました。痛みで辛いときにはアロママッサージをしてもらったり大きな声で声を掛けて頂いたのが本当に心強くて、自分を見失うことなく頑張れたと思います。前回は感じることのなかった産まれる瞬間を、今回は感じることが出来たのにはびっくりでした。「スッキリした」と聞いたことはあったけど、本当にその通りでした。
今回は貴重な体験が出来て良かったです。
入院生活も快適で退院するのが名残惜しいくらいですが…これから始まる二人の子育てを楽しみながら、また新たに頑張っていこうと思います。皆さん、ありがとうございました。

初めての出産で、里帰り出産でした!
妊娠が分かった初期のころから母子手帳には常に“安静”と書かれ…予定より少し早目の4月16日に実家に戻りました!(予定日は5月30日)
帰ってすぐに“自宅安静で出かけるの禁止!!”となり…やっと事の重大さに気づきました。それからは、ひたすら何もせずTVとおやつとごはんが私の友達…笑。そして、ついに臨月となり、めでたく薬もなし!動くことOKとなりました!…で、調子に乗った私は、今まで動けなかった分を取り戻すかのように動き…37週2日目ド・安産。旦那は間に合いませんでしたが、お昼すぎてから到着し、帰るまでぴったりくっついていました。これからの育メンぶりに期待です。痛かったけど、我が子はかわいい。先生、看護師さん、スタッフの方々ありがとうございます。小さく産んだので…大きく育てます。男前になれよ―❤

今回二人目の出産でした。切迫早産しかかり、10日程入院もしました。入院中はほぼ1日中ベッドの上で点滴生活。37週に入るまでは心配でした。退院してからも無理はせず、旦那にいっぱい助けて貰いました。無事臨月に入り、予定日の4日前の10日に検診。痛みも何もないのに先生からは、今日か明日に産まれると言われ、上の子と検診に来る前クレープを会に行く約束をしてたので、買いに行けるかな?!と話しながらお腹の張りだけ見て、10日は入院せず11日の朝来ると言って娘とクレープを買いに行って帰りました。
いつ陣痛がくるか分からないから早めに風呂に入り、日付が変わるくらいにトイレに言ったらおしるし。旦那と病院へ行き、入院。朝からLDRに入り、昼前からずっと激痛との闘い。旦那はずっとマッサージをしてくれ、娘と実母も立ち会い。みんな声を掛け続けてくれて、1時前には痛みと共にいきみたくなり10セットくらいいきんで1時26分に出産。一人目とは違い痛みも激しく、一人目より1㎏近く重くて、お産が1人目の方が楽だった理由も納得。
旦那も娘も喜んでくれて、その顔を見てホッコリ。やっぱり、先生の「はい!もう一回」の声は頑張りに変わります。看護師さんも相変わらず優しい人ばかりで大好き。何人子供が出来てもここに来ます。ありがとうございました。

予定日は5月16日でしたが、少し早く5月10日に出産。5月7日の朝7:00お印がたらーっと出たので、これから陣痛が来るんだな!と思いきや丸一日来なくて夜中の1:30に前駆陣痛で目が覚めました。昨日からずっとお印の出血が出てたので5月8日朝、病院に行きました。子宮口が2㎝でまだ産まれそうにないけど、お腹が張っていたのと出血がまだ出てたのでそのまま入院することになりました。
LDR(入室)から3時間後、先生が来てくれて破水後2回目のイキミで2人目が産まれて来てくれました。
お兄ちゃんの時はしなかったけど、今回は母とお父さんに立ち会ってもらってずっと腰をさすってもらい、頑張ってくれました。お父さんにへその緒を切ってもらった後、「感動した?」と聞くと「つかれた」と本音が返ってきました。
何より先生や皆さんに助けていただき、無事に産まれてきたことに感謝し、これから子育てに奮闘します。ありがとうございました。
~赤ちゃんへ~こんなお母さんやけどいっぱい愛すからよろしくね。

3人目の出産でした。3人目なんで早くなるだろうとは思っていましたが、陣痛もあまり痛くなくて油断してたらトイレに何度も行きたくなって、家でもういきみたくなってしまって病院に慌ててきたら20分くらいで産まれて来てくれました。すごい安産でした。でももう少し遅かったら、家か車で産まれてしまったかと考えると少し怖いです!!
赤ちゃんの顔を見ると、何か些細なことでぐずぐず悩んでいた自分が馬鹿にみえるし、全部忘れさせてくれる赤ちゃんの力って凄いなぁって思います。それと同時にこの子を守っていかないとっていう責任感がわいてきます!!
ママのところに産まれて来てくれてありがとう!!これから明るく楽しく一緒に成長していこうって思います!!看護師さん、先生、優しくしていただきありがとうございます。赤ちゃんは本当に天使だし、宝物ですね。赤ちゃんを見るともうひとり欲しいとか思ってしまいます。主人は立ち会いが出来て凄いよかったと思います。親孝行な子達です。きっとお父さんに見てもらいたかったんですかね!!お母さん、声掛けてくれて背中さすってくれてありがとう。旦那さん、手握ってくれて声掛けてくれてありがとう。改めて、人は一人じゃ生きていけないって、周りの人に感謝しないとってこの出産で気づかされました。頑張って子育てしていきます!!

初めての出産でした。自分たち自身、またお互いの両親にとっても待望の妊娠でした。初めての妊娠生活で不安な事もいっぱいありましたが、家族みんなが助けてくれたお蔭でつわりもほとんどなく元気に過ごしていました。
5月に入り、迎えた5月3日。朝、目が覚めた時から何か今日産まれると感じがしたので、寝直さず起きていたところ4:30頃から陣痛のような痛みが始まりました。状況を旦那に連絡し、念の為午後から実家に来てもらうことに。13時頃、旦那到着。すると到着を待っていたかのように痛みの間隔が5~8分に縮まりました。1時間以上続いたところで再度TELし、入院準備を持って向かうことに。病室に案内され病院着に着替えて過ごしていると1時間もたたないうちに痛みが強くなっていき、腰からお尻の方へと痛みの場所も変わっていきました。看護師さんが車いすを持ってきてくれてLDRに移動となったのですが「痛い~」と言って座るのにもかなり時間がかかってしまいました。「まだ始まりやよ、頑張れ!」と励ましてもらい、何とか車いすに乗ってLDRへ。分娩台の上に移動し、しばらく痛みとの格闘。どんどん時間が過ぎていき「赤ちゃんも産道で苦しがっているんじゃないか?早く出してあげないと!」と気持ちは焦るばかり。そんな私を察してくれたのか、先生や看護師さん、旦那が励ましてくれました。先生の「あきらめるな!」という言葉といきみの体勢のアドバイス、看護師さんは冷たいタオルで顔を拭いてくれて「がんばれがんばれ!」と声を掛けてくれて、旦那もイキミの時にリードしてくれたり、お腹の張りの待ちの間にも隣について手を握ったりさすってくれたりしました。出産は一人だけの力じゃできない。周りの人の助けがあってからこそなんだなと、出産を終えた今だから感じることができます。
先生、看護師さんをはじめスタッフの皆さん、素敵な出産の場を提供してくださり本当にありがとうございました。また、マタニティビクスの先生、教室であった皆さんにも感謝を。楽しい妊婦生活を送らせていただき、ありがとうございました。最後にずっと付き添っていてくれた旦那に、ありがとうを。横に居てくれただけで本当に心強かったです。たぶん一人では耐えられませんでした。
これからは新米ママ・パパとして子育て頑張っていきます。もし二人目が出来た時はよろしくお願いします。