小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年5月アーカイブ

初めての妊娠、出産でした。
東京で9ヶ月と少し、動き回る生活をして、お里帰りすぐの検診では逆子でした。一応、帝王切開の心構えもして、逆子体操をしながら久しぶりに実家でぬくぬく生活をしていました。小ぶりだったお腹もドーンと出て、優秀だった体重もどんどん増え…でも無事に逆子は治ってました。
が、予定日過ぎても全く予兆がなく、5/1の入院が決まりました。東京にいる主人にも来てもらい、誘発分娩へ。バルーンを入れる痛みに少しびっくりしましたが、処置後も何の不快感もなく、LDRでゆっくり過ごしました。生理痛のような痛みが出てきた頃、こちらで3人お世話になっているベテランママの妹が来てくれてあれやこれやアドバイスをくれ、心拍記録の紙を見て「うーん…まだまだやな!!」と。…頼もしい。
2度目の先生の内診で破水し、バルーンを抜いてもらいましたが、子宮口は4㎝ほど。「初産やで12時間~14時間はかかると思ってな」のお言葉に”あぁ…長丁場になるんだな。でもいい意味で裏切れたらいいな~”とボンヤリ思っていました。夕方位に「まだまだっぽいで帰るわ!!」と妹も帰ってしまい…主人と2人になると、だんだん痛みの強さが増し”鼻から吸って口からゆっくり吐く”呼吸が全くできない!!気持ちばかり焦ってしまい、短い呼吸で痛みをごまかしていました。が、これは赤ちゃんも苦しいだろうと思って、母頑張りどころ!!!声じゃない声を漏らしながら吐きました。あまりの痛みに汗は溢れるし、でも先生の予想はまだまだ先だし…主人と看護師さんに陣痛中当り散らす…今思い出しても最低…すみません。パパママ教室の時にお会いしていた看護師さんでしたが、、普段のやわらかい雰囲気とは全く違ってとてもテキパキと、そして痛みで荒い私に延々マッサージをしてくれたり、手厚くサポートして下さって…楽な呼吸に逃げそうな私を厳しく大きな声で誘導してくれたことは、本当に感謝でいっぱいです。どうしてもいきみたくて、いきみたくて…「いきみたーい!!!」叫んでました。先生を呼んでもらって内診して貰うと「何でこんな早なった―ん?もう産まれるわ」と言ってもらったので、やっと逢える、もういきんでもいいのだ、と嬉しかったのを覚えています。2回ほどいきんで、「おまけ無しの5回でいこな―!!」と先生と約束して、また大きな声で看護師さんにサポートして貰って、本当におまけ無しの5回で無事に逢えました。
先生は「もう僕らはマラソンの応援する側。旗振るだけで何もしてあげられないから、お母さんの頑張るところやでな」とおっしゃってましたが、旗を上手に降って走る気持ちを高めてくれる「応援のプロ集団」がこの病院の1番素敵なところだとわが身で感じました。小原先生にお願いして本当に良かったです。また帰ってきます。2人目、3人目と。ありがとうございました!!!

3人目の出産でした。
1人目は帝王切開での出産だったので、自然分娩は2回目でした。
23日午後9時過ぎころから、10分間隔の痛みが始まり、10時半頃病院に着きました。まだ笑って喋れるから、まだまだって思っていたら日付が変わった頃から耐えられない痛みになり、2時53分元気な女の子が産まれました。2人目の時より痛かったような気がします。4歳も年取ってるからかなぁとか思いながら…。
今回も小原先生、本橋先生、看護師さん、ヘルパーさん本当にお世話になりました。1人目の時からみえる看護師さんもいて、話やすくて良かったです。
毎日の食事もおいしくて盛り付けもキレイで、しばらくは外食も出来ないだろうから良い思い出になりました。

今回6人目の出産でした。女の子4人、男の子1人の為、産むのだったら絶対男の子がいいなぁ―と思っていたら願いは叶い、診察の時先生に「男の子やな―」と言われすごく嬉しかった。1人目と6人目では18歳違うのでまるで親子ぐらい離れているので、出産もすごく不安でした。出産日が近づいてくると子どもらも「出産見たい―」と言うようになり、すごく待ち望んでくれているんだなぁと思い感動しました。
4月21日朝からお腹が張っていたので、自分では、今日出産だなぁと覚悟していました。でも、出血もまだ大丈夫、痛みも耐えられるので自宅で休んでいたら夕方3時前に出血があり、四女と旦那で病院へ行くと子宮が5㎝開いていて後2時間後ぐらいには産まれると言われて、嬉しい気持ちと出産の不安で頭がいっぱいでした。
分娩台は何回あがってもドキドキです。分娩には、旦那、四女、実母、バイト帰りでギリギリ間に合った長女が居てくれたので、心強かったです。病院に着いてから1時間半ぐらいで出産。超安産でした。臍の緒は長女が切り、感動したのか泣いていました。やっぱり出産は凄い!みんな感動。子は宝です。子どもは何人いてもいいもんですね。旦那もちょっとしたビッグダディだと笑って言ってました。無事に産まれてくれて…ありがとう。
先生、看護師さん、ありがとうございました。
(もう出産の予定はありませんが、7人目出来た時は又、お願いします)

2人目の出産でした。1人目の時ももちろん先生に取り上げてもらったよ。だから2人目も先生に取り上げてもらうって決めてました。
2人目はどんなタイミングで病院に来たらいいか分からず…上の子もいるからお腹は1人目より良く張ってました。だけど、出産当日はなんだかお腹の張り方、時間の間隔がいつもと違い…お腹の張りしかなかったけど2人目ってこともあったので、病院にTELをしました。先生に状態を話すと「入院の準備をしてきてください」
病院着。車を降りた瞬間、ちょろちょろちょろ…破水でした。装置つけてベットで休むと、なんだかお腹痛くなってきた―。一気に陣痛がきて、少し騒いでしまった私。旦那さんは仕事で来れず…でもまだ3㎝なので苦しむことに…どれくらいか苦しんでいざ出産に!!1人目より早く産まれて来てくれた。超安産。いまのところ3人目はちょっと…。病院ついて2時間弱で産まれて来てくれたママ想いの次女。1人目よりでかくてびっくり。でもかわいい。入院中はママは少し休ませてもらいます…家に帰ったらいっぱい面倒みます。
先生もめちゃくちゃ優しいし、長女の事も気にかけてくれたり。長女の時にお世話になった看護師さんもいて嬉しかった。ご飯も美味しかったし、ほぼ毎回完食。いいおっぱいでそうです。
本当にありがとうございました。もし3人目があればお願いします。

2人目の出産でした。1人目は妊娠するのに1年ちょっとかかりましたが、今回はパパも驚きのサプライズ妊娠でした。頭痛がするから薬飲みたいな…でももしかして…と思い、生理予定日位に検査薬をしたら、うす~く陽性で「えっ!?」とビックリしました。小原先生にエコーで診て頂いて「おめでとう。赤ちゃんの袋があるよ」と言ってもらい、本当にうれしかったです。でも、それからが大変な日々で…。少し出血もしたり、つわりがひどくて仕事も出来ず入院しました。点滴を毎日してもらって、なんとか復活!!その後は、臨月前まで働くことができました。上の子の時が順調だったので、油断してしまったみたいです…。母にも「一人の体じゃないんやで、無理はダメやよ!」と言われ、つくづく反省。
前日のAM7:00におしるしがあり、PM22:30には我慢できるくらいの痛みが来ました。「ん!?これかな?これが陣痛?」と思い、夜中の1:00位まで様子をみて、間隔も5分くらいになってきたので、電話をして入院しました。2:30位に先生に内診をしてもらうと、子宮口はまだ2㎝しか開いてなくて、LDRで様子をみていました。5:30位にやっと5㎝。7:00に6㎝。ふぅ、まだまだかな…と思っていたら、先生の内診で一気に痛みが強くなり、2時間後の9:00ジャストに無事出産できました。2人目でも、やっぱり陣痛は辛くて痛くて弱音も吐いてしまいましたが、先生や看護師さんの励ましのおかげで安産でした。産まれた時、感動で涙があふれました!元気な産声と元気な姿を見れて本当に幸せでした。産まれてすぐから指しゃぶりを初めて、この子良く飲みそう…と思っていたら、看護師さんから「すごい吸い付きやよ!20ccじゃ足りなくて泣くから、40cc飲んでます」って聞いて、やっぱりでした。おっぱいも良く吸ってくれるので、完全母乳でいけるように頑張ります!!
2年前と今回2人の子供を出産させていただいて本当にありがとうございました!4人家族になり、幸せな日々を送れそうです。
3人目ができたら…その時はまたまたよろしくお願いします。快適な入院生活と美味しい食事は、やっぱり小原産婦人科にして良かった!と実感しました。