小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年3月アーカイブ

初めての出産&里帰り出産でした。母がこちらの病院で3人出産(私含め)しているとのことで、こちらの病院でお世話になることに。自分自身産まれた場所で自分が赤ちゃんを産めるなんて、なんだか不思議だけど幸せな気持ちです。
早く赤ちゃんに会いたい思いで、毎日散歩したり、スクワットしたり、床を拭いたりと早く陣痛が来るように色々試してみましたが、39週+0日の検診で「まだまだ赤ちゃんの頭が下りてきていないから予定日過ぎるかなぁ(3/16)」と言われ、少しがっかり。でもまだまだ一緒に居れるんだなと少し安心したりもして。
その翌日、出産前にやりたいことリストの一番最後、イチゴ狩りにも行くことが出来”あぁもうやり残したことない!!”って思ったら急にお腹が痛い感じ…「イチゴの食べ過ぎさ(笑)」なんて笑われて「陣痛ってこんな感じなのかな(笑)??」とか冗談ぽく話していたけど、何度トイレに行ってもすっきり出ないし、おかしいな…と思い間隔を計ることに。見事に7分起きに痛みの間隔が。でも出血も破水もしていないので、腹痛だろうと思いながらも心配でこちらに電話。病院に到着し機械を付けてみると、5~6分おきに痛みがあり、先生から「明日の朝6:00頃産まれるよ」と言われました。慌てて千葉にいる旦那に連絡し、こちらに向かってもらうことに。
最初はまだ助産師さんと話したり、笑ったり出来るくらいの痛みが、夜中の1~2時になる頃には我慢できない位の痛みになり、何度も「まだ?まだ?」って聞いては心が折れそうになりました。痛みは増すのになかなか出血も破水もせず…。もう体力もへとへとで。そんな私の腰を一秒も離すことなくさすり続けてくれ、励まし続けてくれた助産師さん。意識はもうろうとしていましたが、かけてくれた声はスーっと耳に入ってきました。
痛みがMAXの時、タイミングよく旦那到着。午前4時でした。
やっといきめるようになり、先生から「あと10回いきんだら赤ちゃんに会えるよ」って言われ「10回も!?」と思いました。10回も無理!絶対それ以内に産んでやる!!!とありったけの力を踏ん張りいきむ事6回目で赤ちゃんがスーっと出てきました。その瞬間全身の力が抜けて、本当によかったって安堵感。先生の「あと4回のこっとるやん(笑)!!」って言葉にも笑えました。
入院してからもどのスタッフさんもみんな親切にしてくれ、こちらまで優しい気持ちにさせてくれました。こちらの産院で出産&入院できて本当によかったです。当分はいりませんが(笑)もし二人目授かる事が出来た時はまたこちらでお世話になりたいです。
本当にありがとうございました。

こちらで2人目の出産。去年、長女を出産。検診から成長した長女にも話しかけて頂いたりと、とてもアットホームな中安心して出産当日を迎えることができました。
37週に入っても逆子のままだった長女。逆子体操を続けてみるもなかなか治らず、とても心配でした。先生からは「逆子でも自然なお産ができますからね」とエコーを見ながら体位をチェックし、説明を受けていました。
実際、この病院では何人もの妊婦さんが逆子でも無事先生によって取り上げられています。インターネットのページを見ても「安心してお任せできた」とあり、ギリギリまで様子を見てみることを決め、自然分娩を考えていました。
長女の抱っこが続く臨月。お腹が常に張る感覚に「もし急に破水したら、長女をどうやって預けよう…スムーズに病院に行けるのか…」と様々な心配が出てきて、逆子というリスクも考え「何かあってから後悔するよりもいい筈」と帝王切開の相談をさせて頂きました。先生からは「帝王切開でも次の妊娠は可能ですし、自然分娩できます」と別の不安にも答えて頂き、安心してお任せすることを決めることができました。
「手術日は明後日。入院は明日から」という状況でしたが、当日の手術台に上がる頃には陣痛が来ていたので、本当にいいタイミングでした。緊張もありましたが手術室の和やかな空気に少し肩の力が抜け、赤ちゃんに会える時を楽しみに耐えることができました。術中も後の待機も看護師さんが常に居てくれてとても安心していたのを覚えています。
術後は自然分娩とは違う体の変化や痛みに戸惑い、すぐ赤ちゃんを抱っこできないさみしさがありました。本当にこの痛みはとれるのかな?と何をするのも不安がついて回りました。そんな時、先生や看護師さん達がまめに声を掛けて下さり、丁寧に動けない体をお世話して下さりました。頭が上がりません。本当に本当に感謝しています。
家族にもとてもお世話になりました。特に一人目の時と違い長女のいる今、毎日「ちゃんといい子にしてるか?泣いてないか?」と気がかりな毎日でしたが、私の心配をよそに楽しんだいたようです。これも家族の協力がなければ無理だったことです。入院中、いろんな方に沢山たくさん甘えさせていただきました。
3人目も欲しいと思っていますが、次回は先生指導の下、男の子の産み分けを考えています。まだ先になりますが、その時もぜひ小原さんでお願いしたいです。ありがとうございました。

予定日は、3月13日。39週+4日で出産。
ご飯食べて、22時~23時くらいまで10分間隔の痛みが来て、病院に電話してみてもらうことになり受診。子宮口は2㎝くらいしか開いてなくて、でも頻繁に張っていたのでそのまま入院。お昼くらいに産まれるかな?って言われて部屋に移動。1時間もしないうちに5分間隔の痛みがきて、母に背中さすってもらっても痛すぎて分娩室に入り、痛みと戦った。痛みはすごくあったし、頻繁に張っていたけどなかなか子宮口が開いてくれなかったし、おしるしもなかった。3時くらいから2~3分間隔になって、痛すぎて、看護師さんの腕を掴んだり分娩台で暴れたり、めちゃくちゃしてやっと子宮口が6㎝くらい開き、おしるしがきて、9回目位でやっと流愛が誕生しました。産声聞いた時、痛みなんか飛んで涙が溢れました。3ヶ月くらいの時切迫流産になりかけて入院して、逆子になったり、色々あったけど無事五体満足に産まれて来てくれて本当に良かったです。これから育児は大変だけど、頑張っていきます。小原先生、看護師の皆さん、お世話になりました。ありがとうございます。

琉愛へ。
ママを選んでくれてありがとう。琉愛を出産できて本当に良かったよ。これからもすくすく元気に成長してね。心からありがと。幸せになろうね。

初めての出産です。予定日が3月5日でしたが、3日遅れました。

3月5日に明け方5時頃におしるしが出ました。その時の痛みは、生理痛の時の痛みでした。3月6日もおしるしがまだ続き、夜中に1~2時間の間隔で前駆陣痛か、痛くて眠れなかったです。3月7日もおしるしがまだ続き、横になっても立っていても痛い、夕方位から10分間隔の陣痛が来ました。どんどんと時間も短くなってきて、5~6分、2~3分と。夜中にピークになり、病院に電話して2時頃に病院に着いて先生に診察していただいたら、子宮口は2㎝しかあいてなくて陣痛は弱かったです。PM2:30前後頃から出産する体制になって、今から初出産、ものすごく緊張し、怖さ、不安でいっぱいになりました。でも私が頑張らないと赤ちゃんが無事に産まれてこないし、全力で頑張らないと、と何回も言い聞かせてました。先生もいる、看護師さん主人もいる、皆がそばに居るから大丈夫と思い言い聞かせてました。みんな、頑張れ頑張れと励ましてくれる。PM2:57に無事2350gの女の子を出産しました。あっやっと産まれたよ~ととても安心して、本当にうれしかったです。産まれてきてくれてありがとうと何度も何度も思いました。痛いつらい思いを経験したけど、それ以上に感動と喜びを感じました。
先生、助産師さん、看護士さん、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。本橋先生、お忙しい中私の出産に来ていただいてありがとうございます。とても嬉しかったです。ありがとうございました。私は本当に幸せ者です。本当にお世話になりました。
 

2回目の出産。1回目が帝王切開だったので2回目は下から産みたい!と思ってましたが、赤ちゃんが下りてこず、今回も帝王切開の出産となり手術に挑みました。今回の手術はとても順調に進み、術中看護婦さんや先生たちと会話しながら、楽しく我が子と出会うことが出来ました。
2回目の帝王切開でも全然内容の違う出産を体験し、改めて出産ってすべてがドラマのようだと思いました。

最後に私に携わって頂いた皆様に、可愛い赤ちゃんを授からせて頂き心から「ありがとう」です!!

そして今日のこの気持ちを忘れずに、これまで以上に忙しくなる日常へ戻ろうと思います。

予定は今のところありませんが、もし3人目を授かることになったら、またこちらでお世話になると思いますのでその時はまたよろしくお願い致します!!

最後の最後に、小原先生、本当にありがとうございました。

初めての出産です。

妊娠8ヶ月の頃、切迫早産で小原さんに2ヶ月入院しました。安静にしていて無事のりきり、予定日1週間前のAM2:30腹痛で目が覚め、時計を見てはかると7分に1回から始まり、4分に1回に…そのまま病院へ。そんなに強く痛みがあるわけでもなかったので、これが陣痛なのか半信半疑でした。

P4:30頃から出産の体制に入ったはいいものの…強くなる腹痛でかなりもがき「本当に産まれて来るのか?」と不安になるばかりでした。途中で辞めたいと何度か思いました。そんな中、看護士さんや先生に励ましてもらい、PM7:27無事に男の子を出産しました。出産出来た時の気持ちは、今までに感じた事のない気持ちでした。立ち会い出産を楽しみにしていた旦那さんでしたが、仕事の都合で出来なかったので、看護師さんに写真撮ってもらってすぐにメールを。泣いて喜んでくれました。とても嬉しかった。

旦那さんの付き添いがなかったので不安がたくさんでしたが、前回の入院中からお世話になっていたお二人が居てくれて、本当に心強かったです。ありがとうございました。心から感謝です。

初の出産、初の子育てですが、楽しみながらやっていけたらと思います。もし、2人目をと思った時も小原さんでお世話になりたいと思います。

今回初めての出産でした。
なので、陣痛はどんな痛み?どれだけ痛いの?陣痛が来たら分かるかな?など、いろんな事を思いながら毎日ドキドキ過ごしていました。。
予定日1週間前だった2日。昼すぎ、なーんかお腹が痛いなと思い、トイレに行ったがあまりスッキリせず…その後もたまにお腹は痛かったけどグルグルゴロゴロ言っていたのでまたトイレへ…の繰り返し。夜になり痛みに少し波があったので「もしかして陣痛?」と思い20:00頃間隔を計るものの、10分、6分、4分、7分…などとても不規則。陣痛だったら規則的やろし、これは違う!!と勝手に思い、家で過ごしていました。23:00頃には、いつもとは違う経験した事のない痛みが頻繁にあったので、間隔を計りましたがまたバラバラ…。もし陣痛だったら?と思い、痛いながらもお風呂に入って準備をしました。日付も3日に変わり、痛みは増す一方。波は不規則でしたが、さすがに病院にTEL。「入院準備を持ってきてください」と言われたので病院へ。1:30頃到着し、先生に内診してもらうと「3㎝開いてますね。朝~昼頃には産まれますよ!!」と。呑気な私は、「先生これって陣痛?」と聞いて笑っていました。その後は猛スピードで痛みは増し、お腹も張り「痛い!!」をひたすら連呼。陣痛の波を逃すための呼吸法をするものの、もう痛みに耐えきれず3:30頃にはLDRへ。陣痛と陣痛の間には、先生と話をしたりしながら何度もいきみ、4:21元気な産声をあげ娘ちゃん誕生しました。お産中は、うまくいきめず「あと10回で産もか!」と先生とした約束は守れませんでしたが(笑)先生や看護師さんに励まされ頑張ることが出来ました。
入院生活も、とても快適でした。明るく優しい気さくな看護師さんが様々な事をサポートしてくれ、安心して過ごすことができました。先生をはじめ看護師さん、スタッフさんには感謝でいっぱいです。2人目も授かったら、また小原先生に取り上げてもらいたいです。その際には、またよろしくお願いします。小原先生、看護師さん、スタッフさん、本当にありがとうございました。

我が家待望の第1子。妊娠初期には思わぬ出血があったりで不安な時もありましたが、先生のご指導や主人、家族の協力のお蔭で、とても幸せな妊娠ライフを送る事ができました。
出産にあたっては、なかなか理想的な陣痛が来なかったり、赤ちゃんの頭の位置が高かったりで、最終的には吸引分娩となり、予想以上に大変なお産になりました。いきむのも下手で、何度も「もう嫌だ。もう無理…」と思ってしまう自分が情けなく、悲しくなりましたが、時には優しく、時には厳しく励まし続けて下さる先生や看護師さん、ずっと手を握りそばに居てくれた主人や母のお蔭で、元気な赤ちゃんを産むことができました。
赤ちゃんが出てきて、産声を聞いた瞬間、それまでの痛さや苦しさが嘘のように消えてしまい、嬉しさと愛おしさと感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、あこがれのカンガルーケア。感動でした。生まれたての赤ちゃんは温かく、胸に抱かせてもらったとたんに、今まで上げていた泣き声がピタリと止んで、不思議そうにこちらに顔を向けて、まだ開ききらない目を、いっしょうけんめい開けようとしている姿は、きっと一生忘れないと思います。
通院時から、入院・出産・退院まで先生を始め、本当に多くの方々のお力のお蔭で、無事我が家に産まれてきてくれた息子です。主人と力を合わせ、大切に育ててゆこうと思います。本当に本当に、皆様ありがとうございました。

予定日は2月15日。お兄ちゃんの時も、予定日より10日遅れの出産だったし、今回もお世話になるのは小原先生だったので全く心配はなかったです。
予定日の検診の時、「26日まで10日間様子を見て、産まれてこなかったら入院の準備をして朝来てください」と先生に言われ、「2人目やし26日までには出て来るだろう」と思っていた私…。ところが前駆陣痛もおしるしも全くなく、26日の朝を迎えることに。先生に診察してもらうと、子宮は3㎝開いて少し出血している様子。「ちょうど赤ちゃんも出て来ようとしていたところだったのかな」そう思うと少しお腹が痛くなってきたような…。
AM10:00まだまだ弱いけど、陣痛が始まりました。パパもお兄ちゃんも早く赤ちゃんに会いたい様子。昨日まで立ち会いはしないと言っていたパパもお兄ちゃんと一緒に立ち会ってくれることに。12:00頃急に痛みが強まりだし、あれよあれよという間に出産!!12:29無事に女の子誕生。先生から体重が4474gと聞き、家族中でびっくり!!!「お兄ちゃんも4100gあったからこの子も4000は超えるかな~」とは思っていたけど、想像を超えた大きさでした。こんなに大きな子なのに自然分娩で超安産で産ませていただいて、小原先生を始め、助産師さんやスタッフの皆さん本当にありがとうございました。

赤ちゃんへ。パパとママを選んで元気に産まれてきてくれてありがとう。今日から4人家族。これからよろしくね。

初めての出産です。皆に小原さんがいいいよって勧めて貰ったので、こちらで出産することを決めました。
25日の朝、トイレに行った後、少し子宮らへんが痛いな―と感じました。間隔を測ると、6分間隔。一応病院にTELすると入院準備してから来てくださいと言われました。その後内診して貰ったら、子宮口は5㎝開いていると言われてビックリ!!1人で来ていたので、すぐに旦那に来てもらいました。入院することになって、12:00頃お腹が空いておにぎりを2つ食べて、13:00にLDRへ。この時点で子宮口は6㎝。
何度ももう無理かも―と弱音を吐いて、顔も涙と鼻水と汗でぐちゃぐちゃの私に「今のイキみ方いいよ」「頑張れ、頑張れ」「あきらめるな!もう1回」と何度も何度も声を掛けて下さった皆さんには本当に感謝しています。16:53元気な男の子が産まれ、声を聞いた瞬間、痛みなんか忘れて涙が溢れました。本当に小原さんで出産して良かったな―と、今思い出してこの日記を書いて、また涙が出て来るくらいです。
本当に感謝しています。ありがとうございました。

今回2人目出産でお世話になりました。
痛みにとっても弱い私。上の子を出産してからまる5年だし、初産と変わらないだろうなぁ…と予定日が近づくにつれ不安で仕方なかったです。検診の時に先生が「安産やと思うよ」と言ってくれた時はとても嬉しく思いました。
22日11:00頃LDRに入る。このころには、結構痛くて看護師さんに「先生に無痛にして!って言うて―!!」と叫んでました。ずっと側に居てくれた看護師さんがこんな私を励ましてくれて「私がずっとおるから一緒に頑張ろう!もう少しやよ!」と本当に投げかけてくれた言葉に励まされました。嬉しかったです。痛みもお尻の方に降りてきて、いきみたくなって苦しかった時も呼吸の仕方を教えてくれたり、思わずいきんでしまった時も「大丈夫!私が押さえてるから!」とかお腹をさすってくれたり、旦那も腰を押してくれたり、あれよあれよという間に先生が来て、何回かいきんで無事出産できました。2回目の出産で思ったのは「これが産むって事か―!めちゃスッキリ!!」めちゃめちゃやりきったぞー!!って感じました。私でも産めた―!!これやったらもう1人欲しい!!って思っちゃいました。痛いけど、やっぱり感動です。この気持ちは女の人しか味わえない!!すごーく神秘的スゴイスゴイ!!赤ちゃん私を選んでくれてありがとう。小原先生!本当に安産でした!すごいです。私についてくれた看護師さん、絶対に忘れません!!ありがとう!!入院中、上の子と離れてから涙が止まらず泣いていた私を、そっと励ましてくれた看護師さんありがとう!!アロママッサージ最高に癒されました。ありがとう。掃除をしてくれたおばちゃん、上の子をかまってくれたり、細かい気遣いがとても嬉しかったです!!ありがとう!!美味しくて栄養満点の食事を作ってくれた厨房の皆さん、ありがとう。カキグラタンすっごく美味しかった。本当に小原産婦人科を選び良かったです。「途中でためらうなっ!!」この言葉最後のイキミの時、小原先生が私に言ってくれた言葉。今後の私を、子育て、人生、誰かのためにきっと背中を押してくれる魔法の言葉になると思います。皆さん本当にお世話になりました。

妊娠中は、夏の暑さも重なってつわりが6ヶ月くらいまでひどくてしんどい日々でした。仕事の忙しさと上2人の子の世話で気が紛れたところもありましたが、妊娠の大変さを3人目にしてまた実感した日々でした。
上の2人の子は不妊治療に通いました。その間に3人流産していたので、産んであげられなかった3人の子…あと1人できるなら産んでこの世に出してあげたいな…私の子として産まれてきてほしいな…3人は大変そうですが”3人きょうだい”は将来助け合えたらいいだろうなという思いで授かったらありがたいなという気持ちでしたが、本当に授かり家族みんな喜んでくれてとても幸せでした。
15日AM8:30子供たちを保育所に送ってから、病院へ向いました。
LDRに入り、NSTをつけると痛みの間隔が10分くらいでした。痛みはずっと変わらずの強さ。世の中のお母さんはみんなこれを乗り越えてるんだから私だけじゃない!と自分に言い聞かせて耐えました。
そして、次の内診で9㎝。分娩の準備をしてもらいました。「2回いきんだら産まれるよ」と助産師さんに言ってもらえて、それなら頑張ろうと思えました。「かかとに力を入れて、まっすぐの方向にお腹を見ながら…」と口に出して復讐しながら、心の中で冷静に!!と言いながらしました。いきむのが1人目、2人目と上手じゃなかったので、3人目こそは冷静にできたし、助産師さんも先生も励まして褒めてくれたので、本当に2回で産まれてきてくれました。やっと会えた赤ちゃんは、元気な女の子。感動でした。へその緒を切ってもらおうと夫を呼びましたが、子供達を迎えに行っていて不在。自分で初めて切らせてもらえたのも感動でした。
沢山の人たちのお蔭で、こうして無事に産まれてきてくれた赤ちゃんをしっかり育てていこうと思います。お姉ちゃん、お兄ちゃんにもまれながら、強く優しく育ってくれたらなと思います。
お産で本当にお世話になった小原先生、助産師さん、看護師さん、一生忘れません。ありがとうございました。入院中は、母乳のことで泣いてしまった私を、本当に優しく心を楽にさせてくれた看護師さん、本当にありがとうございました。3人共、こちらでお世話になれて幸せでした。

初めての出産。
全く未知の世界にも関わらず、出産への不安や緊張があまりなかった私に似たのか、2月3日予定日になってましたが、10日を過ぎても何の兆候もなかった為2月13日入院。
旦那さんがずっと横に居てくれたり、大好きなBGMをかけて頂いたりで、不安よりもうすぐ子供に会える楽しみの気持ちが強くなったので、あとは痛みに数時間耐えるだけと思っていました。しかし、陣痛の間隔は短くなり痛みもどんどん増しても、なかなか子宮口が開かず。今日生まれると安易に考えていただけに愕然としました。眠いけど陣痛に目が覚めの繰り返しで、結局夜中中痛みとの戦い。
終わりなき戦いに不安を感じていると、先生が、今日のお昼には産まれるようにしようとゴール??を決めてくれたので、今日こそ子供にあえる!もうすぐだから頑張ろうと思いました。
残り1㎝が開かず、早数時間。もう腰がくだけそうで、終わりも見えずで気が遠くなりそうになる中、助産師さん、旦那さん、母がめげそうな私の心をずっと支えて声を掛け、手を握り、腰をさすってくれ、「子供も苦しんでるから頑張れ!」と言われ、苦しいのは私じゃない、子供なんだと思ったらもう頑張るしかないと思え、12:30頃先生が見え、「もう出そう!」と言って下さり、ついに!!来た!!と思ったらそこからは痛みうんぬんより、会える気持ちで無我夢中に言われるままいきみ、元気な産声を聞くことが出来ました。
26時間と10分。あまりにも長い痛みとの闘いで、産まれた直後は感動の前に少し放心状態でしたが、カンガルーケア等してるとじわじわと幸せを感じました。待望の第1子。しかも望んでた男の子を無事出産でき、本当に幸せです。元気に産まれてきてくれて本当にありがとう。
お友達の紹介でこちらに転院して、先生に診てもらって本当によかったです。来院時、入院時共に本当に親身になって接して下さった先生、看護師さん、助産師さん。本当にありがとうございました。本当に長時間の痛みの中、背中や腰をさすってくれた看護師さんや助産師さんに心から感謝です。すごく心強かった。
子どもがあまり好きでないと言ってた旦那さんが、何度も涙してずっと付き添ってくれてたことも本当に有難かった、嬉しかったので、又ぜひ2人目、3人目とこちらでお世話になりたいと思います。
一生忘れないこの体験。本当にありがとうございました。

予定日より4日遅れの、2人目の出産でした。
上の子と過ごしながらの妊娠生活だったので、あっという間の10ヶ月でした。2人目は早く産まれると聞いていたので、予定日前からソワソワしていたのですが、予想外に予定日を過ぎて少し心配しました。でも、9日の午後に無事に陣痛が来て、あっという間に出てきてくれました。今回はパパに立ち会ってもらえて、最初は自分がひどいこと言ってしまわないかとか不安でしたが、一生懸命腰を押してくれたり励ましてくれたりで、立ち会い出産も良いものだなぁと思いました。担当して下さった看護師さんもとっても優しい方で、一生懸命ケアして下さっているのが伝わってきてすごく励みになりました。小原先生の「あきらめない!!」の言葉が凄く頭に残っていて、先生の力強い声で頑張る事ができました。先生、看護師の皆さんに心から感謝でいっぱいです。本当に素敵な方ばかり。
入院生活も快適の一言です!
明るく、優しいスタッフの皆さん、きれいで素敵なお部屋、毎日のおいしい食事。そんな中で赤ちゃんとゆっくりと時間を過ごせて幸せです。小原先生の病院で2人目を出産することが出来て本当に良かったです。心からありがとうございました。

明け方4時、トイレから戻ると生理痛の痛みあり。初めて腹痛があったな…と。それからも続くので、時間を確認してみようかと見ていたら、きっちり10分。7時頃には腰が砕けそうな痛みもあり、病院へ。8時過ぎに到着。小原先生に診察してもらうと、破水もしていたらしい…。「お昼すぎには産みましょう」と。陣痛の間、パパがずっと腰をさすってくれました。12時前には、いきみを開始したけれど、いきみが出来ない。口から息を吐いてしまうし、目は瞑り声もだしてしまう。痛みが来ていないときにいきんでしまう…。小原先生に「あと2回のいきみで産もう」と言われて、それから何回いきんで生まれたのか…。赤ちゃんを胸に抱かせてもらったとき、ポンポンと触る事しかできなかった。出産は怖い、痛い、苦しいとしか思っていなかったけれど、実際は先生たちはずっと声を掛けてくれるし、助産師さんは痛みを一緒に感じてくれるし、痛いけれど安心もできました。そして実は予定日を意識して、ハラハラしていたパパとママのことを知ってて、1日前に出てきてくれてありがとうね。これからもよろしくね。
先生、看護師さん、お世話になりました。おっぱいマッサージ、お部屋でもしていただいてありがとうございました。
また相談させていただきたいです。よろしくお願いします。

初めての妊娠・出産を里帰りにて行うことになり、知人の勧めでこちらにお世話になることになりました。
小原先生には、外来診察の時からエコーで丁寧にいつも説明していただき、エコーや心音で赤ちゃんがお腹の中で元気なことに安心して、会える日を楽しみにしていました。2月5日夜中より、微妙な痛みを自覚し、トイレでおしるしらしきものが…。これが陣痛?間隔がバラバラだけどトイレに行く度に少し出血があり、念のため病院に連絡すると、入院の準備をしてきて下さい、と言われ訪院。診察の結果「赤ちゃんの頭の位置が高いな~」と先生より一言。「これで陣痛が来て降りてこられるといいけど」まだ赤ちゃんに会えるタイミングではないとのことで帰宅しましたが、再度夜中より今度は規則的な痛みが来たため病院へ…。「まだ、頭の位置が高いなぁ…」と先生より一言。そしてさっきまで規則的だった陣痛も止んでいく…。その後も我が子の頭は降りてこれず、陣痛にストップかけたり、すすめたり…。赤ちゃんの頭が引っかかっている可能性が高いため、帝王切開となりました。夜9時に手術が始まるとすぐ、我が子の元気な泣き声に出会うことができました。主人もへその緒をカットさせてもらい「こんなに立ち会うことが出来て良かった」と出産後も付き添ってくれて、ミルクにオムツに沐浴に一杯お世話して、淋しいと父性をしっかり芽生えさせ、帰ることができました。私も、いつも体調や痛みに対してスタッフの方々が気遣ってくれたお蔭で、無理なく、でも自分のしたいときには十分に赤ちゃんと過ごすことが出来、帰ってからもどうやって赤ちゃんと過ごしていけばよいか少しずつ理解し、愛おしい愛おしいと実感しながら過ごすことが出来ました。手術の際も、スタッフ皆様が協力して、命の誕生を支えて下さったこと、その後もいつも笑顔と丁寧な対応で、私・主人・赤ちゃんをサポートしてくださったこと、本当に感謝しております。ありがとうございました。

2人目の出産。
1人目の出産が予定日よりも1週間遅かったので、のんびりしてたら、予定日より5日早く産まれてきたのでびっくりしました。
夜中にお腹が少し痛いなぁと目が覚めたので、時間を計ってみたら、すでに8分間隔でした。「いきなりこんなに短いの?本当に陣痛?」と思いながら一応電話をかけて病院へ行きました。機械をつけてもらって見てても、なかなか山はそろってこないし、「まだかかるかなぁ?」って思ってたら、少しずつ痛みが強くなってきました。LDRへ移動してからは、あっという間に分娩の体勢へ。そこからは本当に早かったです。看護師さんに呼吸の仕方をリードしてもらって「いきんでいいよ~」で力を入れて、力が抜けそうになると先生に励ましてもらって、すぐ出てきてくれました。今回は、私がへその緒を切らせてもらいました。へその緒を切る経験なんて二度とないかもしれません。「これでずっと繋がってたんだ。今、本当にここに産まれてきてくれたんだ」と実感できて本当に感動しました。
ほんの少し小さめだったけど、元気に、そしてみんなが「えっ!もう?」って思うくらいらくに産まれてきてくれてありがとう。これから、いっぱい泣いて笑って、元気に育ってね。
先生、スタッフの方には本当にお世話になりました。皆さんのお蔭で安心して妊娠生活・入院生活を過ごすことができました。

出産予定日1月28日。
予定日を過ぎて2日目の夜、ご飯を食べに行こうと出かけ、着いて車から降りる時午後7時頃破水したような・・・。でもほんの少しだったので、まだかなと思っていたらやはり一気に来て、すぐ病院へ連れってもらいました。破水しただけで痛みも全然なかったので、部屋でおにぎり食べて陣痛来るのを待っていると、夜中0時頃に痛みが出始めました。先生に「朝方には産まれるかな」と言ってもらってからは、看護師さんや旦那さんに腰をさすってもらいながら「あと少し、あともう少し」と思いながら耐えれました。先生に内診して貰って「さぁ産もか」となってからはあっという間に4回目位で出てきました。1人目の時は11時間だったのが、2人目は3時間52分とすごく早かった。つわり、出産と辛い時があったけど、赤ちゃんと対面するとそんな辛さもふっとんでしまい、幸せという思いの方が大きくなっています。胸に赤ちゃん乗せて貰った時はやっぱり感動。頑張って産まれてきてくれてありがとう。
入院中はホント皆さんにいっぱいお世話になり、ありがとうございました。これから家族4人楽しく毎日を過ごしていきたいと思います。

ひと言目の感想は「やっと産まれた―!!」かな(笑)23日頃から前駆陣痛があって、予定日の25日頃には産まれそうやな―って思っとったのに、それからなかなか本陣痛が来ず・・・。「早く会いたいよ―!!みんな待っとるから出ておいで!!」と毎日お腹に向かって話しかけました。27日は朝からお印があって、15~20分間隔で陣痛が来ていたので「いよいよやな!!」と思って気合を入れて「2人目やで早い!!」と周りに言われていつでも病院に行けるようにパパと待機するも・・・なかなか間隔が縮まらず、夕方に2回目の出血・・・「大丈夫かな?」と心配にもなりました。夜に10分を切ってきたので病院に連絡して移動。子宮口の開きは3㎝、「もうすぐやな―」と思うまま朝を迎え・・・後から来た人が先に産んでました(笑)子宮口が8㎝くらい開いてきていよいよ出産!!
初産じゃないし、余裕だろう!!と思っていた2回目の出産は、思いがけずドキドキしたり、ハラハラしたりした妊娠&出産になりました。やっぱり1回1回、一人ひとり色々あるもんだね。3人目も頑張ろう!!
いっぱいドキドキしたり、ハラハラした分、周りにいる家族の支えや小原産婦人科のスタッフさん達の頼りになる心強さにすごく助けられた出産でした。1人目、2人目共にお世話になりました。また、3人目も産む予定なので、その時もお願いします。
いろんな人たちに素直に「ありがとう」と伝えたい、素敵な出産が出来ました。ありがとうございました。

2人目の出産でした。
1人目の時は、先に破水してしまい入院してからの出産だったので2人目はどうなるのかドキドキしていました。27日の19時頃からお腹に張りを感じたので実家に泊まり、1人目は睡眠不足での出産だったのでとりあえず体力保持の為シャワーを浴び就寝。夜中の4時頃痛みも出てきて張りも強くなってきたので、病院に電話。準備をして病院へ。旦那は仕事で来れそうにないと言っていたので、1人で出産と不安でしたが、お腹の赤ちゃんと頑張ろうと決意!!全然耐えられる痛みだったので座って待っていると、看護士さんが「旦那さん見えましたよ―」と一言。来ないと思っていたので、旦那の姿が見えた時、とても嬉しくそれだけで励みになりました!!旦那が到着して喋っていると痛みが強くなり、分娩台へ。先生が来て内診。「もう産まれるよ―」の一言で破水し、痛みが激痛に。1回目の波が来て一気にいきむと、1回で息子が誕生。看護師さんんが「分娩時間2分!」早すぎて笑えました(笑)1人目が12時間と少しかかったので、あまりの早さに旦那もビックリ!!今回も、旦那にへその緒を切ってもらうことが出来て良かったです。私も産声を聞くことが出来ました。(1人目はやっと終わったと思うだけで、余裕がありませんでした…)無事に出産することが出来て良かったです。一緒に付いてくれていた看護師さん、腰をさすって頂きとても楽になりました。3人目を授かることが出来たら、また小原先生に取り上げてもらいたいです。
※娘と息子の出生体重が2858gと一緒で運命を感じました!

今回は2回目の出産でした。1人目の時は、陣痛が約1日あってすごく長かったので、2人目はどんな感じか楽しみ?でした。予定日が過ぎてもなかなか前兆がなかったので、早く赤ちゃんに会いたい気持ちが強くなってきました。
25日の午前4時頃、お腹が痛くなってきて間隔を計ったら10分でした。お印もあり、小原さんに電話し、すぐにLDRに入りました。すごい強い痛みがあり先生に診察してもらうと「もう産まれる」と言っていたので、嬉しくなりました。いきんだのも3回くらいで産まれてくれたので、赤ちゃんも頑張ってくれたんだなと思いました。泣き声を聞いた瞬間に安心して、元気に産まれてくれたことが何よりも嬉しかったです。1人目の時と全く違う出産で体的にも楽でした。でも、あの陣痛の痛みは、何回味わってもすっごく痛いです。それ以上に感動や幸せの方が大きいから頑張って出産できるのかなと思いました。
上のお兄ちゃんはやんちゃでどうしようもないけど、「抱っこ」と「よしよし」はやってくれるので、いいお兄ちゃん?してくれています。これから大変だと思うけど頑張っていきます。
小原先生、看護士の皆さん、本当に優しく接してくれたのですごく安心して出産できました。本当にありがとうございました。