小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2013年1月アーカイブ

今回4回目のお産になりました。まさかまたお世話になるとは思っていませんでしたが(笑)

3人目、切迫早産で長い間入院させて頂き、無事に健康な赤ちゃんを産ませていただきました。今回もしかしたらまた同じようになってしまうのではないか不安でしたが、何の問題もなく、落ち着いて出産させてもらう事ができました。
これは全て、家で上のお兄ちゃん2人と娘ちゃんの面倒を見てくれているお父さんや、おばあちゃん達、家族の協力があって、小原先生、助産師さん、看護師さん、ヘルパーさん達のおかげです。
4回目だったけど、産まれる直前、やっぱりパニックになり上手に呼吸も出来ず、いきんでしまってすみません。やさしくサポートしていただいてマッサージもとても気持ち良かったです。ありがとうございました。
入院中、家で淋しい思いをしている子供達の事を考えたら泣けてきて眠れない日もありました。おりこうさんにしていてくれてありがとう。退院したらいっぱい遊ぼうね~!!

そして我が家にまた天使が来てくれて最高にHappyです。9人家族になります!!子育て頑張ります。本当にありがとうございました。

今回は、2人目の出産でした。
予定日(1/31)まではもう少しあるな...と思いながら、16日の検診で先生から「もういつ産まれても大丈夫」と言ってもらい、予定日よりも早くなるのかな?とも思っていました。

20日 AM0時頃、上の子の泣き声で目を覚ましました。いつもの泣き方とは違い、激しく泣くので 変だな...どうしたのだろうと心配していました。少し落ち着いた時、自分のお腹の様子も張っているような痛いような...もしかして陣痛と思い間隔をみるとバラバラだが、10分くらいでくる時も。とりあえず来院することになりました。来院してからも陣痛の波はバラバラでそこまで強くなかったのでLDRで主人と一緒に落ち着いていることができました。
1回目の内診で子宮口は5cm開いていて、先生に産まれるのは5時、6時頃かなと言ってもらう。まだしばらくかかるなぁと思い、うとうとしているとAM3時頃から、時々強い波がくるようになり、いきみをのがすのがつらくなってきました。
その間、主人と看護士さんに「ふーっとはいて。」「もう少しやで、がんばろうな。」と言ってもらいなんとか耐えました。
先生が来てから数回いきんだあと「うまいこといきんだら、次かその次で産まれるよ。」と言ってもらい、その早さにビックリしましたが、がんばろうと思いました。
次の波で、いきむ時、あきらめそうになると、「もう1回」「がんばれ」「頭が出てきた」と先生、看護士さん、主人に励まされ、必死に息つぎをし、無事に元気な子を産むことができました。 AM4:39
赤ちゃんの頭が通過していくのが感じられ、1人目とはまた違った感動がありました。カンガルーケアの時、赤ちゃんが少しおっぱいを吸ってくれ、この子は元気だなぁ、これからの子育てがんばろう!という気持ちになりました。
この幸せでとてもうれしかった気持ちを大切にしてきたいと思います。

最後になりましたが、小原先生、看護士さん、おそうじの方、ヘルパーさん、みなさんの優しい声かけや、心配りのおかげで入院中おだやかで、幸せな時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

これから主人と一緒に2人の子育てがんばります。

今回は2人目の出産でした。
周りの友達から「2人目は早く生まれるコトが多いよ」と聞いていたので、予定日(1/15)の2週間くらい前からソワソワしていました。

最初に「きたか!」と思ったのが大晦日の夜中、腹痛で目覚めたものの、結局はトイレに2時間程こもるくらいの腹痛でおわり...。
1/2の夜、10分間隔の痛みが1時間半くらい続いた後パッタリなくなり、「前駆か...」と思い眠る。こんなコトが数回あったので、14日の早朝目覚めた時も「またいつもの腹痛かなぁ」と思ってトイレに行きました。
4時すぎにトイレに行ってしばらくこもってみて、「あれ?いつもとちがう?」と思って痛みの間隔を計り出したのが4時半。2回計ったら、7,8分間隔...そうこうしているうちに痛みがかなり強くなって、「これは本物や~」となって主人に出かける用意をしてもらい、小原さんにTELしたのが4時50分。
5時すぎにどしゃぶりの雨の中、長女と荷物を乗せて出発!!車の中でどんどん痛みが強くなり、小原さんに5時20分頃着いて、もう歩くのも困難に...。何回か痛みを耐えたら先生が来てくれて、「もう生まれるね。」と言われビックリと共に、痛みからもうすぐ開放されて赤ちゃんに会える~と思いました。

LDRに一緒に入っていた長女に主人が「外で待っとく?」と聞くと、「ママとおる」と。娘の立ち会いにどうなのかな?と思っていましたが、「ママ痛いの?」「ママ足にピンクのまいてかわいいなぁ」などと言う声を聞くと私も痛みを忘れるというか、いやされて冷静になれました。
3回目いきんだ時に、私が今回はあきらめて4回目を待とうと思ったら、助産師さんが「もっとがんばって~」と必死に言ってくれたので、がんばったら赤ちゃんが生まれてくれました。赤ちゃんが泣いた瞬間、2才の長女が「やったぁ~」と叫び、感動の瞬間でした。たくさんのママ友から、赤ちゃん生んだら上の子が寄ってこなくなったと聞いていたので覚悟していましたが、長女は私からずっと離れず「ママだいしゅきよ~」「ママがんばったね~」と言ってくれました。
パパ、ママ、お姉ちゃん、みんなで赤ちゃんの誕生に立ち会えて本当に感動しました。先生や看護師さんたちも、みなさん長女にもいろいろ話かけて下さって、温かいアットホームな感じで出産できて、本当に本当に良かったです。
長女の時も思いましたが、やっぱり小原さんにして良かった。立ち会いしてもらえて良かったと思いました。今回もたくさんのスタッフの皆さんに良くして頂き、楽しく入院生活を送れました。これから家族4人で仲良く楽しくやっていきます。ありがとうございました。

2人目の出産で予定日は1月21日でした。1月7日はとても暖かい日だったので、長男と母とで外宮さんへお参りに行き、赤福も食べて満足して帰宅。夜に右腰あたりに違和感があり「少し運動したからかなぁ」位に思って布団に入ると、珍しく主人からメール!「まだ産まれそうにないよね」1月8・9日は仕事上抜け出せないから行けないと言われていたので、確認のメールでした。翌朝、なんだかお腹に違和感があり、便秘かなくらいに思ったが、一応診て貰おうと10時過ぎに病院に到着。小原先生に診てもらい「ご主人呼んで。間に合わへんかもしれんな・・・」と言われ、入院。主人にメールしたが「ごめん。今日、明日は絶対行けない」と返信。これで覚悟が出来た!母は長男と自宅で待機。14:40どんどん陣痛の間隔が短くなり、休む間もなくなってきたのでナースコールし分娩台へ。何かが出そうで「あかん!出る!!」「まだあかんよ、我慢してふぅ―」と腰をさすって下さり、上手にいきみ逃しできとるよ、と褒めて下さった助産師さん。そのおかげで1回のいきみでチュルンと赤ちゃんが産まれました。まさかの一人ぽっちのお産となりましたが、小原先生・スタッフの皆さんのおかげで何の不安を感じることなく安心して出産することが出来ました。
入院生活も快適すぎます。本当にありがとうございました。
3人目もこちらでお世話になりたいので、里帰りできるようにうまく計画したいです。

2人目の出産でした。
7ヶ月のはじめからずっと逆子で体操も頑張りましたが、頑固な息子は戻ってくれず帝王切開か~と思っていたら、先生から「お尻が下に来てるし経産婦だから自然分娩でもいけるよ!」という言葉を聞き自然分娩にすることにしましたが、いろんなことをネットで調べると不安になり、帝王切開か自然分娩なのかすごく迷いました。でも検診で病院に来るたび先生に相談すると、忙しいのに本も出して逆子の説明を分かりやすく教えてくれ、絶対大丈夫!!!頑張ろう!!という言葉で先生を信じて頑張ろうという気持ちが強くなりました。36週+4日、12月25日検診へ行くと、子宮口が開いてきたと言われました。逆子で心配だからと37週+1日にも検診。ドキドキしながらの毎日でした。1月7日夕方にお印があり、そろそろかな~と思いながら23時前に布団に入り、23時過ぎ子宮のキューンとなる感じがして間隔を計ると大体5分間隔くらい。もう少し様子を見ようかと思いましたが、母の病院に電話しといたら?という言葉で電話。入院の準備を持って1月8日0:45頃病院へ着き、分娩室でNST.。看護師さんと喋る余裕もあり、先生に内診してもらうと子宮口が7㎝開いてました。そして足が下にきとるわ!!っと少し不安になりましたが、その後すぐ破水し痛みが強くなり、逆子だから絶対いきんではダメという先生との約束でしたが勝手に力が入ってしまう。先生がお尻が見えてきたよ―という言葉で後もう少しと思っていると足も出てきて、そっから頭を出すのに必死にいきみました。足は先生が凄い勢いで引っ張ってくれているのが怖かったですが、無事AM1:44元気な男の子が産まれました。元気な泣き声をあげてくれ安心。陣痛が始まり2時間ほどのすごく安産でした。先生を信じ、自然分娩が出来て本当に良かったです。ありがとうございました。分娩の時についてくれた看護師さんは本当安心できて優しくリラックスできました。2年ぶりの出産。長男の時の出産を思い出し懐かしく次男ももの凄く可愛いです。これから2人の息子の育児を頑張っていきます。妊娠中18㎏太ってしまったからだを戻さないと・・・笑
本当にありがとうございました。(この日は赤ちゃんが5人も誕生したよ!(^^)!)

初めての出産で、知人から小原産婦人科は先生も看護師さんもとても親切だと聞き、迷わずこの病院を選びました。第1回目の検診で、気さくで優しい先生と、とても親身になってくれる看護師さんに毎回の検診がとても楽しみになりました。
ついに出産の日。予定日の2日前。早朝トイレに起きたら、出血・・・。初めての事で不安になりました。ナプキンをあてて少し様子を見ていると少し破水している様子。慌てて病院へ連絡しました。穏やかに次の行動の指示をしていただいたので、安心して病院へ向う事ができました。内診して貰ったところ、少し破水しているものの子宮口はまだ3cm程。先生に夜になりそうだねと言われ、入院部屋のベッドに横になり、子宮口が開くのを待ちました。そんな中、少しずつお腹の張りも強くなり、痛みも増してきてお産は痛いものと覚悟はしていたものの・・・不安な気持ちでいっぱいになってきました。そんな中こまめに看護師さんが声を掛けに来てくれて、リラックスすることが出来ました。昼食後までは、まだまだ痛みに耐えられ笑顔を浮かべることができたものの、夕方になり痛みもさらに強くなってきました。子宮口は・・・6cm。まだ6㎝かぁと思っていたら、先生が早く産まれるようにちょっとお手伝いしますからねと子宮口を開いてくれました。すごく痛かったけど、赤ちゃんにもうすぐ会えると思うと頑張れました。19:00ついに分娩室へ。痛くて意識が朦朧とする中、看護師さんに沢山励ましてもらいました。夫も気を紛らわそうと冗談を言って笑わそうとしてくれて(笑えなかったんですが)嬉しかったです。母からは、排便するみたいな感じで産むと聞いていたのですが、いざどこに力を入れたらいいのか分からず最初はうまくいきむことが出来ませんでした。先生や看護師さんに沢山励まされ、少しずつどうやっていきんだらいいのか、どこに力を入れたらいいのか分かってきました。先生と8回のおまけなしで産むよと約束し、とっても苦しかったけど、もうすぐ待ちに待った我が子に会える・・・。この子も頑張っている・・・。そう思うと痛みも少し和らぐ気がしました。夜11:27、日が変わるギリギリに無事女の子を出産することが出来ました。あんなに痛かったのに、我が子の声を聞いた瞬間痛みがぶっ飛びました。先生に「よく頑張ったなぁ・・。上手やったよと言ってもらえて本当に嬉しかったです。この日はAM1:00~お産があり、立て続けで5人の出産があったようです。私がこの日のラストでした。先生はお疲れもピークだったところ、疲れも見せず冗談も言ってくれながら一生懸命励まして下さいました。感謝しています。また2人目も絶対この病院でお世話になりたいです。ありがとうございました。

里帰り出産で、2人目の出産です。1人目の娘の時も小原産婦人科さんでお世話になりました。次の子も出来たら、小原さんにお世話になりたいと思っていたので良かったです。
予定日は12月31日。娘(1人目)は、なんと1月1日産まれ!まさか!!姉弟揃って同じ誕生日?!と頭をよぎりました。でも予定日を過ぎても何の音さたもなく、正月明けに診察に来ましたが、先生に「1月1日待ってたのに。この子はまだかな~。」1月7日の朝方、5:30過ぎ頃破水、その後出血。とりあえず電話したら「来てください」との事。娘の時みたいに陣痛に苦しんで時間かかるんだろうなぁと思っていましたが、行けばすぐ着替えてLDRへ。痛みの間隔も短くなり、あの強烈な痛みが連発。そして先生登場!!頑張っていきみましたが、なかなか上手くいかずホントご迷惑かけました。諦めて心が折れそうになっている私に、励まし声を掛け続けてくれた先生に呼吸法を言い続けてくれた助産師さん、看護師さん、ありがとうございました。「次出すよ!」の先生の声で「よし!!」と心に決め・・・。やっとお腹がスーっと、そして泣き声!!自分で我が子の臍の緒を切らせてもらって感無量でした。感動に浸っている時に体重を聞いてビックリ。3902gって・・・。
美味しい食事に、先生、助産師さん、看護師さんのあったかい言葉、診察時、入院中のケアや配慮。頑張れる力をもらえる小原産婦人科さん。ずっと続けていってほしいです。先生は分娩やってまた診察戻って、いつ寝てる?いつご飯食べてるの?いつ休んでるの?と思う時があります。先生がいるからみんな安心して産めるので、いつまでも元気に頑張ってください。ありがとうございました。

予定日1月25日、里帰りでお世話になりました。11月22日から切迫早産で、1ヶ月半の入院生活でした。24時間の点滴生活、内服に変えるとすぐにお腹が張ってしまい、点滴に逆戻りといいう生活がずっと続きました。点滴を刺す血管もなくなり、辛かったです。点滴しながら逆子体操も続けましたが、全く動く気配なし。お尻が下なら自然分娩したいと伝え、37周目ようやく点滴を抜きました。それからはお腹の張りが待ってましたとばかりに勢いよく、痛みも出てきました。でも赤ちゃんは全然おりてこなくて・・・でも翌日出血がありました。それからは痛みも増してきました。一気に不安になりました。夕方LDRで内診して貰うと・・・子宮口は開いておらず、しかも赤ちゃんの足が下に・・・!!このまま破水しては危険との事ですぐに帝王切開になりました。先生は手術の直前までなんとか自然分娩でと考えていてくださいました。嬉しかったです。手術はあっという間に始まりました。手術室に入ると、沢山の方が居てドキッとしましたが、声を聞いていると皆いつもお世話して下さっている看護師さん達でした。日曜の予定外の帝切だったから、きっとお休みの方も出てきて下さったのだと思います。手術は意識のある状態で行われ、痛くないのに感覚があって痛いような・・・怖かったけどあっという間でした。3日目から授乳が始まりました。やっと赤ちゃんにおっぱいをあげることが出来て、すごく嬉しかったです。日に日に動けるようになり、ようやく明日退院です。切迫の期間は不安でしたが、先生が即座の判断で帝切にして下さり母子共に元気で出産を迎えられたことが本当に幸せです。毎朝回診で”がんばろうな””もう少しやでな”と優しく声を掛けてくださる先生。不安な時には何でも優しく対応して下さる看護師さん達。たわいもない話で盛り上がれたヘルパーさん達。お掃除のおばさん達とも仲良くなり、早く退院したかったのに今日はなんだかさみしい気分です(笑)2人目出来たら、小原さんに来たいと思います。そして今度は自然分娩できるといいな。沢山お世話になり、本当にありがとうございました。

今回が初めての出産だったため、分からないことだらけでした。予定日が1月2日だったので、結果的に2日遅かっただけですが、小原先生にも予定日より2週間までなら普通だよと焦らないように言って頂き、気が楽になって16日までに産まれたらいいやという気持ちでいました。産まれる前日までお印もなく、産まれる気配がしなかったので、出産当日は紀伊長島までドライブに行く予定でした。4日朝6:30頃目覚めるとすでに痛みがあり、7:00頃から間隔を計ると不定期だったので、これが前駆陣痛か、それなら数日後に産まれるかもしれないと思いそのままドライブに出かけました。しかし、帰り道には痛さが増してきて、こんなに前駆陣痛が痛いなら本当の陣痛に耐えられるのかと不安でいっぱいになり、病院に連絡しようとした矢先、破水しました。以前、先生に破水したらすぐわかると言われた通り、今まで味わったことのない感覚で、一瞬にして足がびしょ濡れになりました。18時、お正月ということで道は混んでいて、旦那が気を紛らわせようと言ってくれる冗談も腹立たしくなるほど余裕がなかったのですが、病院に着いて顔見知りの看護師さん、先生の顔を見ると、安心して涙が出そうになりました。すぐ診察して頂くと、子宮口8cm 開いているとのことで、分娩室に連れて行っていただき、18:56出産できました。人生で1番の苦痛を味わったと断言できますが、入院していると看護師さんに「安産だったんだね!」って言ってもらえるので、安産で良かった、有難いなと今は思っています。大変な時に旦那が居てくれて心強かったこと、いつも気さくに話しかけてくれる看護師さん達に感謝。分娩の時、分かりやすく励ましてくれた先生、看護師さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ここで出産出来て良かったです。ありがとうございます。また次回があれば、お願いしたいです!!

里帰り出産でした。初めから出血ありのトラブル続きでしたが、なんとか里帰りでき小原さんに来ることができました。でも逆子が治らず、予定帝王切開になりました。旦那も休みやすいし、予定日なら来られなかったからまだ良かったのかなって思っていたのですが・・・。
12月10日に昼から入院。内診して貰って、もし治ってたりお尻からだったら自然にしようと言って下さったのに、やはり足から出て来るだろうから・・・と帝切へ。その日の夕方から陣痛が始まり、点滴が始まりました。次の日、夕方破水。ギリギリまで自然で・・・と診て貰ったのにやはりダメで、手術室へ。
PM8:47女の子を出産しました。思ったより小さくて、先生に「あぎとくん(息子)そっくりの女の子だよ」って言われて、やっと産んだんだと実感。帝切でしたが、旦那がへその緒を切ってくれて、息子も妹を喜んでくれて。でもやはり、ずーと痛くて歩けない、座れない、帝王切開ってもう少し楽かと思っていましたがとんでもなかった。だけど先生も看護師さんもすごくよくしてもらって、動けないから声をかけてもらったり、出産した日眠れなくて・・・けれど夜中見に来てくれたり。上の子の時にも、「この小原さんで良かったな」って思っていましたが、やっぱり里帰りして良かったです。色々話してくれたり、笑顔で皆さん対応してくれますので安心でした。出産4日目でやっと赤ちゃんの世話ができます。頭が痛いと言ったら、すぐ対応してくれたのも凄く嬉しかったです。実は、今回と上の子の間に1人流産してて、今回の子もトラブル続きだったので小原さんとこまで来れるか心配でしたが、ここで出産できてすごく良かったです。退院して会えなくなるのは、やっぱり寂しいですね。関東に戻りたくなくなりますね(笑)次があるか分かりませんが、あればまたここで産みたいな。本当にありがとうございます。すごく感謝してます。子育て頑張らなきゃ!!!看護師さん、ヘルパーさん、皆さん、すごく安心をありがとうございました。

2度目の帝王切開での出産でした。
私はとても怖がり痛がりで、病院は大嫌い!!出産は、帝王切開でも普通分娩でも怖くて、ビビッていました。
「出産方法は臨月になってから、赤ちゃんの様子や子宮などの様子を診て決めましょう」と先生から言われていました。出産方法は赤ちゃんが決めるんだ!!ということで、私は納得していました。
二人目を妊娠した時点で、帝王切開になる可能性は覚悟していました。先生がギリギリまで下から産むことを考えて下さったので、私は帝王切開を受け入れることが出来ました。それでもやはり「手術」ということで恐怖で食事が喉を通りませんでした。
術前、先生に半べそで「手術が怖い!!嫌だ!!」と言いました(泣)。先生は「大丈夫!!40分で終わるから!赤ちゃんが出るまで10分!赤ちゃんが出たら眠らせてあげるから!!」という言葉を信じて私は手術に挑みました。どうしても二人目が欲しかったので、頑張るしかない!!と自分に言い聞かせてました。術中、私は叫びまくって暴れまくったのを覚えています。はずかしいくらい・・・。麻酔はかかっているのですが、怖くて叫んでいました。そんな私の態度にも、冷静に対応する先生はもちろん、ナースの皆様にとても感心しました。手術が無事終わり安心した私は、すぐに話をすることが出来ました。
術後も看護師さんやスタッフの皆さんにお世話になりっぱなしです。座薬を入れてもらったり、トイレに付き添ってもらったり、赤ちゃんを連れてきてもらったり、体を拭いてもらったり・・・etc ・・・嫌な顔1つせず対応してくれて本当に感謝です。術後、体調や気持ちが不安定で不安になったときは、話を聞いてくれたり相談に乗ってくれてとっても安心しました。
私はこの病院の何でも話せてしまう、このアットホームな雰囲気が大好きです。二度目の出産も小原産婦人科で良かったです。赤ちゃんはとてもかわいいので、あと一人でも二人でも欲しいですが、今は「もう帝王切開はしたくない!!」というのが本心です。
この病院だから頑張れました。先生はじめ、ナースやスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

今回2人目で、2年ぶりの出産でした。出産の2週間前からお腹が突っ張るような痛みがありました。臨月に入った頃の検診で、子宮口は先生の指1本分くらい開いていて赤ちゃんもおりてきていると聞いていたので、産まれてくるのはもうすぐだと思いながら生活していました。
13日朝から30分おきでお腹が張る感じがし、こちらにTELしておいてお腹の張りを見る装置をつけてみてもらいましたが、強い張りは1度しかなくそのまま37週の検診もしていただいて帰ってきました。20日夕方から20分間隔でお腹の張りがツーンとした痛みに変わり、22時頃から15分間隔でその痛みがくる感じがしたのでTELしてみました。まだ痛みはそんなに強くない感じもしたので、10分間隔になったらTELすることになりいったん床に就きましたが、2時頃から10分切って張る感じがしたので、TELし病院へ。また装置をつけてもらいましたが、強く張ることはなく、翌日が検診の日だったのでそれで先生に診てもらうことになりました。翌日の検診では、子宮口は4㎝開いていて近いのは近いんだけどなーと、先生も1人目の子が安産だったし口もやわらかいから陣痛が来たら早いって言ったから気になるよね、と気にして言ってくださいました。24日23時頃から10分間隔でお腹が張り、TELして病院へ。また軽い張りが続くけど陣痛が来るかもしれないからということで入院。
私は志摩市で主人の仕事も志摩市で、その日は15時から17時までか18時以降しか都合がつかなかったので夕方まで持ってくれたら・・・と願っていましたが、14時半頃から痛みが強くなり、15時に先生が来てくれることになり、主人に連絡して来てもらいました。その後から、耐えられない痛みが来て、15時45分頃から分娩準備に入り16時25分無事出産しました。 
1人目の時も最後は長くいきむと聞いていたのでそうしたつもりでしたが、1回でいきみきれず3回いきみましたが頭が出ず会陰切開し、赤ちゃんの頭は平均より3㎝大きかったそうです。強い痛みが来てからずっと腰をマッサージしてくれたり、ヒーフーと一緒に呼吸法をしてくれたりして本当に助かりました。主人は17時にはまた仕事に戻らなくてはいけなかったので、スタッフさんもそのことを気にしてくれたのは私も嬉しかったです。主人も何とか助けようと腰をさすったりして心強かったし、何よりも出産に立ち会ってもらえて本当に良かったです。
産後もスタッフの方々、皆さん、本当に親切で自分のことのように親身になって丁寧に指導してくださり、本当にありがとうございます。1人目の時も先生や皆さんが優しく親切だったので2人目も迷わずにこちらで産もうと決めたのがやはり間違いではありませんでした。これからも教えていただいたことを忘れず、頑張って育児に励もうと思います。お世話になりました。