小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2012年12月アーカイブ

初めての出産でしたが、予定日の1月3日より2週間くらい早い出産になりました。(お蔭で年末年始ドタバタせずに済みましたが・・・)
まだまだだろうとのんびりしていたのですが、20日の夜7:00頃にお風呂に入っていたら・・・急に破水!!!慌てて病院に行き、そのまま入院になりました。破水してしまったらすぐに産まれると思っていたのですが、陣痛が弱く・・・。ずっと手を握っていてくれた旦那さんにも感謝。そしてずっと腰をさすって「痛い痛い」と叫ぶ私を励ましたくれたスタッフの皆さん。本当に心強かったです。嬉しかったです。本当にこの病院で良かったと思いました。もう2度とあの痛みは味わいたくないと思いつつ、めちゃくちゃ可愛い赤ちゃんを見ると・・・2人目が出来た時もよろしくお願いします。

2度目の出産。男の子。
一人目は女の子だったので、両方の子を授かることが出来て嬉しかったです。12月13日が予定日で、覚えやすい12月12日に生まれておいで―と毎日話しかけていました。
今回の妊娠生活は、上の子が2歳代ということもあり成長ぶりや気持ちの変化など、様々な面で楽しいこと・嬉しいこと・悩んだこともありました。でも出来るだけさびしい思いをさせないように、とにかくたくさん遊んで母娘の時間を大切にしてきたつもりです。
陣痛が来るまでの一週間はほとんど自宅で過ごし、緊張と不安でいっぱいでした。今回は予定日が平日だったので旦那さんが居ないときに産むことを覚悟していましたが、目覚まし時計が鳴る前に陣痛が始まり仕事を休んで家族3人で病院へ来ることが出来ました。
2人目なので出産は早く進むと思っていましたが、なかなか強い陣痛が来ず、ダラダラと痛い時間が長く感じられ大変でした。やっと陣痛が強まりLDRへ入室してからは1時間半で産まれてくれたので安産でした。予想体重の2900~3000gを大きく上回り、こんな大きな子が自分のお腹から産まれてきたことに驚きました。息子はとにかく元気いっぱいで可愛く、何より上の子のお姉ちゃん振りが可愛くて2人とも私と旦那さんの大切な宝物だと改めて実感出来ました。新しい家族の誕生を夫婦で迎えることが出来、本当に幸せです。これからも子供達の気持ちを大切にしながら家族4人で成長していきたいです。
最後になりましたが、陣痛中休まずずっと付き添って腰のマッサージをしてくれた助産師さん、産まれる瞬間まで分かりやすくしっかりリードして頂き本当に支えられました。リード・マッサージがなかったらもっとパニックになってうまく産めなかったと思います。小原先生の指導と助産師さんのケアとリード、そして今回も主人に支えて頂き素晴らしい経験となりました。本当にありがとうございました!!

2人目の出産でした。1人目も小原先生に取り上げていただきました。1人目も帝王切開での出産で、間隔もあまりあいてないということと赤ちゃんが下がってきていないこともあり、今回も帝王切開での出産となりました。上の子と入院中離れ離れになることが心配で手術直前まで出産する実感がなかったのですが、手術服に着替えたら2回目とはいえ少し緊張してきました。でも先生や看護師さんが話しかけて下さり、リラックスして手術に挑むことができました。術後、後陣痛や傷の痛みで何度も痛みどめをお願いしたのですが、1人の看護師さんが「ナースコールはタダやから遠慮せんと何回でも押してな」って言って下さったのがとても嬉しかったです。明日からは、1歳5ヶ月と新生児の男の子の子育てでしばらくハードな生活になると思うので、今夜はゆっくりさせていただきます。今のところ予定はしておりませんが、3人目を授かった際にはまたお世話になりたいと思っておりますのでどうぞよろしくお願いします。

今回、初めての出産でした。妊娠が分かってすぐに始まった悪阻。神経質な性格もあってどんどん悪化していく悪阻で、体力的にも精神的にもボロボロな状態でした。入退院を4回も繰り返して、本当にもう限界・・・って思うことばかりでした。そんな中、先生が明るく世間話をしてくれたり、何より診察の時に”赤ちゃんとっても元気やよ”って明るく言ってくれて本当に励みになりました。プライベートの悩みも看護師さんが真剣に聞いてくれて、すごく安心したしすごく嬉しかったです。
4日に日付が変わった頃からよく張っている感じがして、間隔を計ってみるけどバラバラだったのでいつものことかなと思って寝たものの夜中4時半頃に生理痛と下痢が混ざったような腹痛で起きて、何回もトイレに行ってを繰り返していると朝方6時半にお印がありました。そろそろ出産なんかな―、けど張りはまばらで間隔もバラバラな為に我慢することにしました。その後もお印は増えていき怖くなって心配性な為、昼2時に病院へ行きました。NSTをつけると、今まであった張りと痛みはなくなりまた前駆陣痛か~と思いましたが、内診して貰うと子宮口が3㎝開いていて入院になりました。内診直後から急に痛みが強くなり、あっという間に間隔も短くなりました。痛みが強くなる中、今のうちにとシャワーを浴びその後すぐにNSTをしてもらっている時に我慢できないような痛みにかわりLDRへ移動、それからの進みも早くて自分でも心の準備も何もできる間もなく出産になりました。立ち会いが無理だと思っていた旦那も、早く進んだお蔭で立ち会うことができ本当に嬉しかったです。分娩中本当に諦めそうになりかけましたが、先生・看護師さんが声を掛けたりしてくれたお蔭で力を振り絞ることができました。産むまで続いた悪阻で体力もない中での出産でしたが、安産で自分でもびっくりです。
妊娠期間中つらいことだらけでしたが、ここまで頑張れたのは先生、看護師さんやスタッフ皆さんのお蔭です。本当に小原産婦人科で出産することが出来てよかったです。楽しくお話しして下さった清掃係の方も、美味しい食事を作って下さった方々も本当にありがとうございました。感謝でいっぱいです。
これからまたお世話になることもあると思いますが、その時はまたよろしくお願いします!!!

2人目の出産で、長男の時も小原先生に取り上げてもらいました。予定日は、12月3日だったのですが、長男は予定日より5日前に出産したため、今回も早まるのでは?!と毎日ドキドキ。11月中には産まれるだろうと思っていたのに、どんどん日にちは経ち・・・あっという間に12月に入ってしまいました。
1日の3時頃、生理痛よりもう少し強い痛みがあったので起き、トイレに行くと少量のお印が。お印があっても産まれるのが1週間後の人もいると聞いたことがあるので、その日に産むなんて思ってもなかったのですが、5時頃からだんだん痛みも強くなり・・・・。時間を測ってみると、大体5~15分間隔。「こんな陣痛まだまだ産まれやんわ―」と思って、ずっと家にいたのですが、とりあえず病院に電話すると「今から来てください」と言ってもらったのですぐ家を出ました。11時半頃到着し、内診してもらうと「夕方までには産まれるね」と先生に言われビックリ!!!そのまま入院へ・・・。でも全然余裕過ぎて、ちょうど入院してた友達の部屋に行って話をしたりしていました。14時頃、先生に子宮の様子を診て貰っている時に破水!!!そこからはみるみる内に陣痛が強くなり…長男の時に立ち会えなかった旦那に今回のお産を見てもらいたかったのですが、自分の乱れるところを子供に見せるのも可哀想になってきて、急きょ部屋に行ってもらいました。 すごい形相で「部屋で待っといて!!!」と言ったので、旦那も子供も引いてたけど(笑)15時21分。無事次男を出産出来ました。
病院に着いてから4時間のスピード出産でした。最後のいきむときに、先生から「上手―」と褒めてもらえて、すごく力が出ました。長男の時と比べると、2人目ってすごく楽に産めたような気がします。これも、ずっと側について励ましてくれたり、腰をさすってくれた看護師さんや、上手に誘導してくれた先生。そして、入院生活を快適に過ごさせてくれたスタッフさんのお蔭です。本当にありがとうございました。3人目(もうないとは思いますが)授かれたら、またよろしくお願いします。

今回は、2人目の出産でした。1人目の時は全く問題なく出産することができましたが、今回は妊娠中に2回出血することがあってとても心配しました。それでも無事10ヶ月に入り、予定日の2週間前には「子宮が2㎝ちょっとあいているから、いつ陣痛が来てもおかしくないから覚悟してください」と言われ、今日か?明日か?と構えていましたが、予想外に長持ちして、結局その日は予定日の4日前になりました。前日の夕方頃から下腹部に生理前のような鈍い痛みを感じていました。その夜、眠っている時になんだかお腹が痛いなぁと思いながらも眠気が勝っていたのでそのまま寝ていると、上の子が寝ながらペタペタ顔を触ってきたので目が覚めて(AM3:30)念のため時計を見ると定期的な痛みが7分間隔で来ていることが分かりました。あわてて主人を起こし、病院へ。陣痛の様子を測ってもらうと確かに来ているようだったので、そのまま入院になりました。産まれるのはお昼頃と言われていたので、病室で陣痛待ちの間朝食をとることになりました。(AM7:45)だんだん強い痛みになってきたので、痛みがひいている間に食べました。その後、トイレで出血に気づき、LDRへ移動。(AM9:00頃)あぁ昼ごろというとあと3時間か、その間この痛みに耐えなくては・・・と思って唸っていましたが、しばらくして先生に診てもらうと「もう産まれるわ」ということだったのでびっくり!前回も安産だったけど、どうやら今回も早くなりそうでした。先生、助産師さんに呼吸法をリードしてもらい、数回いきんだあと先生に「うまいこといきんだら、あと3回か5回で出て来るよ!」と声を掛けて貰ったので、よし!じゃあ3回で産もう!と目標を決めました。それでもいきむ時に息が続かなくなり、フーッと力を抜きそうになると「もう1回!」「もう頭出て来るよ!」と励まされ、必死で息継ぎをして最後まで頑張り、無事に元気な男の子が出てきてくれました!!やった!!!1人目の時は、緊張と感動と疲労でパニック状態でしたが、今回は思ったより穏やかな気持ちでカンガルーケアの時間を過ごしました。それでも、うわー産まれたばかりの赤ちゃんてこんなに小さかったかなぁ、かわいいなぁ、私も2人の男の子のお母さんになったんだとしみじみ喜びを感じました。あとで立ち会ってくれた主人に聞くと、「1人目も2人目も変わらんよ!感動やよ!」と言ってくれたので、ストレートに感動してくれたことになんだか嬉しくなりました。
今回も、先生やすべてのスタッフの方に優しく親身に接していただいてとても安心して出産することが出来、入院生活を快適に過ごすことができました。2人の子供の出産という大イベントを小原さんでお世話になったことをとても幸せに思います。先生、助産師さん、スタッフの方々、本当にありがとうございました。これから2人の男の子の子育て頑張ります。

初めての出産は、とても緊張しました。妊娠生活は、こんなに楽でいいのかというほど、悪阻もなく順調に過ごしていました。8ヶ月くらいからいきなりお腹が大きくなってきて、実感が沸いてきました。予定日が12月5日で、12月1日に39週+3日検診へ行き、開いて来とるけど赤ちゃんの頭の位置が高いから12月7日午前中にもう1回来てくださいと言われ、まだやな―と思っていました。その日の夜、旦那と外食に行きショッピングセンターをふらついていました。そしたら、その夜少し強めの痛みが1回!!気にせず寝ました。間があき、2日AM3:00位から間隔的に痛みが。寝て起きての繰り返し。陣痛ではないやろ―と思いながら、PM1:00に病院にTEL。一応入院の用意を持って病院へ来てください、との事。PM2:00着!!LDRに入り、痛みの強さと間隔を計っていて、そしたら先生来て、「もう6㎝開いとる。結構我慢強いんやな―」って(笑)あっという間に全開に!!でもまだ頭の位置が高い・・・。何回かいきんだけど、全然ダメで。もう無理―って言っとったのに産まれた瞬間「写メとって―」って言ってケロッとした顔してたみたい。赤ちゃん産まれて感動して泣いとったのに、肝心な時に旦那がおらんかったから、先生達が「どこ行ったんや―」って笑いもあり、本当に良い出産となりました。
小原先生、本橋先生、仕事時間終わってるに最後まで居てくれた看護師さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。すごく幸せです。

初めての出産です。
主人も私も地元でないため、出産まで不安がいっぱいでした。検診が進むにつれお腹も大きくなっていくのですが、先生の言葉や受付の方、外来看護師の方のお声掛けが支えとなり、いつしか病院に行けば絶対安心でした。中期からマタニティビクスに通い、インストラクターの先生の元気でパワーをもらい知識も増えました。ビクスでの出会いで情報交換や励まし、楽しいマタニティライフでした。お産は、予定日より3日目が過ぎた朝でした。
5:40  ズキッとした痛みで目が覚め、パチンとした感覚と同時に破水。すぐに着替え、病院にTEL
6:15  到着
7:00頃 内診 子宮口3㎝ 陣痛8分間隔
7:30  部屋に戻っていたのですが、痛みは5分間隔
7:45  3分間隔の痛み
8:00  1分間隔というかずと痛くなったところで、パニックとなりナースを呼び、すぐにLDRへ。子宮全開
思ってもみない急展開でお産が始まりました。おまけ3回(上手に力めずスイマセン)出逢えた我が子。臍の緒カットをあきらめていた主人も貴重な瞬間に立ち会えて、自分の胸の上で感じた産まれたてのぬくもりを忘れません。猛スピードで人生初の経験をしたお産でしたが、感無量。本当にありがとうございました。
お産後入院生活は快適で、制限されていたマタニティーライフと真逆の豪勢な食事、ごちそう様でした。指導・ケアーして下さった病棟看護師さん、ヘルパーさん、赤ちゃんだけでなく私もリラックスできました。
先生1人でいつも走って大変そうですが、また(まだ産めるまで)お世話になりたいと思ってますので頑張ってください。その時はまたぜひよろしくお願いします。

不妊治療を経て、ようやく授かった赤ちゃんです。上の子を8年前に出産し、それから5年近く不妊に悩みようやく授かった命です。そして、11月30日に待ちに待ったベビーが、私の元へ元気に産まれてきてくれました。11月29日の夜に下腹部の鈍痛で目覚め、それから時計とのにらめっこ。10分間隔になるとようやく実感が沸いてきました。それから、主人の帰りを待って、11月30日の夜7時30分頃に病院へ到着。
内心ドキドキしてビクビクしてたけど、看護師さんがいろいろと声を掛けてくれてとってもリラックスでき、陣痛中もちょうどTVでやっていた「ホームアローン」を見ながら痛さに耐えれました。看護師さんに声をかけてもらって、ほんとうにとっても「力」になりました。ありがとうございました。
そして久々の出産。こんなに痛かったのか―と思うほど・・・でした。4回力んで産まれ、すぐにオギャーと泣いてくれたので一安心しました。先生が「あと5回力んだら産まれるよ」の一言ですごく「力」が出て、5回が4回になって良かったぁ。とっても安産で、安心して出産できました。先生・スタッフの皆さんにとっても親切にしてもらって入院中もすごくリラックスし、おいしいご飯を食べ、赤ちゃんにミルクをあげ、とても幸せな時間を過ごせました。本当にありがとうございました。すっごく痛かったけど、もう一人産みたいな―と思いました。またそのような幸せが訪れたら、よろしくお願いします。
大変お世話になり、感謝感謝です。ありがとうございました。

3人目の出産でした。2人目が帝王切開だったため、今回も帝王切開と決まり予定日よりも2週間以上早い出産になりました。オペの前日はなかなか寝付けず不安が募りましたが、当日は覚悟がついて痛みもあったけど乗り切ることができました。赤ちゃんが出てきた時のあの元気な泣き声は、きっと一生忘れないと思います。
手術後は体の向きを変えるだけでも激痛が走り、ほぼ丸一日同じ体勢のまま過ごしました。それでも先生や看護師さんがいろいろ気遣ってくれて、ちょっとしたことでも本当にすぐ対応してくださったのでとても安心して過ごすことができました。
これからまた新しい生活が始まると思うと心配なこともありますが、家族みんなで助け合って、明るく元気に過ごしていきたいと思っています。
先生を始め、看護師さん、おいしいご飯を毎日作って下さった調理師さん、その他病院のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

2人目で2年振りの出産。2年前は他院だったので、今回初めて小原さんにお世話になりました。里帰りだったので妊婦健診も34週からの5回だけだったけど、先生・看護師さん・ビクスの先生・スタッフの方達、皆親切で、毎回健診やビクスに来るのもとっても楽しみでした。前の病院での健診の経過で、不安だったことなどゆっくり聞いてくれてすごく安心しました。一人目の時もお昼頃に最初の痛みがあって、夕方病院に行ってからは2時間のスピード出産だったけど、今回も健診の時に「早いと思うよ―」と言われていた通りの超安産。前日のマタニティビクスでは、後半ちょっとお腹が張るな―痛くないけど・・・頑張って体力つけなきゃ―と思って階段で上り下りしたのが効いたのか・・・?
20日夜中、お腹が痛い―と思って起きて時計を見たのがAM2:19。時間を測って、20分間隔か―、ちょっと早いけど一応連絡。10分間隔になったらまた電話してねと言われて休んでたら、もうすぐに次の痛みが来て、AM3:35にまたTEL、すぐ病院へ。たぶんLDRに入ったのが3:50位だったんじゃないかな?すぐに先生を呼んでくれて、痛くてあんまり覚えてないけど・・・。いきみたい感じと痛いのと、体力がなくて息が続かないから何回か途切れちゃってごめんねと思いながら、AM4.27に先生と看護師さんの励ましのお蔭で何とか無事産まれてくれました。
首に一回臍の緒巻いてたって言われたけど、もう頭が出た途端に元気な泣き声でビックリ。お姉ちゃんによく似て、かわいいな―。仲良く大きくなあれ。
旦那さんは県外だし夜中だったから、お姉ちゃんはばあちゃんと留守番。立ち会いなしだったけど、なんとか頑張れたのは先生たちのお蔭です。会陰切開もあったけど、切るのも縫うのも痛くなくて(1人目の時は産むより痛かった)本当にすごく感謝です。ありがとうございました。

初めての出産ということで里帰り出産をするため、小原産婦人科に8ヶ月の終わり頃からお世話になることにしました。短い通院期間で、母親教室やパパママ教室・マタニティビクスなどせっかく勧めて下さっていたのに、結局一度も参加しないまま予定日を迎えてしまいました。それでも出産に不安を感じなかったのは、健診の度に小原先生が言って下さった“僕はきっと安産だと思う!”という言葉と、看護師さん達の話しかけやすいアットホームな雰囲気があったからだと思います。初産は遅れるといいますが、予定日からちょうど一週間が経つ19日の朝方もともとその日は健診に行く予定でしたが、規則的な痛みが続いていたので念の貯めTELをして入院する準備をして来院しました。まだ子宮口は2㎝ほどでしたがそのまま入院になりひたすら陣痛に耐え、夜中~明け方になるかも・・・という予想よりは早く産まれてきてくれました。いきむまでの間は、本当に痛くて痛くてどうにかなりそうでしたが、立ち会いに間に合うか分娩時刻によっては立ち会えないかも・・・という状況だった旦那さんが運よく間に合い、全て見届けて翌日早朝また神戸に戻れるように産まれてきてくれた孝行娘と、それを気にかけて下さっていた先生やスタッフの皆様には、本当に感謝でいっぱいです。出産を経験するまでは、立ち会い出産やカンガルーケアなど特に願望もなく、小原さんでは推奨されているなら・・・位の気持ちでバースプランもそれほどしっかり考えていませんでしたが、産後すぐLDR内で親子3人のみでゆっくりできて、すっかり父親顔になっていた旦那さんを見ていたら、里帰り出産で小原さんを選んで良かったなぁと感じました。本当にありがとうございました。これから初めての育児いろいろあると思いますが、ここで体験した感動を忘れず1日1日頑張ります!

今回5人目で、初めて小原さんにお世話になりました。助産師さんの対応があまりに違ったので、びっくりしました。今までこんなに丁寧に優しくしてもらえたことはありません・・・。陣痛の最中もずっと腰をさすってもらい“ガンバレ”“えらいよな・・・”“もうすぐやよ”などとやさしい言葉をかけ続けてくれました。今回はなかなか“コレ!!”という強い陣痛がなく、気分的にへこんでしまいましたが、“大丈夫”“この娘はオットリした性格なんかもなぁ”など声をかけてくれ、安心感を与えてくれました。本当に感謝です。先生も、上の子達のことも気にかけて色々話しかけてくれ、とても気軽に話を聞いてもらってとてもリラックスできました。最初から小原さんに来ていたら良かったなぁ・・・。もう私が出産ってことはないと思いますが、子供達がパパ・ママになる時には小原さんでお世話になりたいと思っています。その時は、よろしくお願いします。
出産後にお世話になった看護師の皆様にもとても優しくしていただき、ありがとうございました。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

初産で安産とは言われましたが、それでも出産は大変でした。妊娠が分かったと同時に出血があり、入院。その後も心音が聞こえるまで・・・安定期に入るまで・・・と妊娠を喜ぶというより成長していくのかという不安が多く、5ヵ月位まではすごく長かったような気がします。でも後期に入るとお腹も大きくなり、検診のたびに成長している赤ちゃんにビックリする日々でした。出産後、母乳を赤ちゃんにあげるという事がこんなに難しいとは思っていなくて苦戦しています。でも母乳で育てたいので、赤ちゃんと共に頑張りたいと思います。
先生、スタッフの方々の温かさに、妊娠中支えて頂きました。出産時「頑張れ!頑張れ!!」の言葉に励まされました。あんなに応援してもらったのは、小学生の運動会以来かもしれません(笑)産後「わからん事は何でも聞いてな」の言葉に不安が消されました。私だけでなく家族も小原さんにお世話になった事を「良かった!」と思っています。本当にありがとうございます。次回もあれば、ぜひっ!!