小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2012年11月アーカイブ

初めての出産&里帰り出産でした。予定日は19日だったのですが、臨月に入ってから“もうすぐかな~”、“どういう風に始まるかな~”とドキドキの毎日を過ごしていました。10日、18時に少量の出血があり、30分後には少しづつお腹も痛くなり始めました。小さな痛みがず~っと続き、不規則に強くなる・・・初めてで分からず病院にTELし、様子を伝えて行くことに。診察を受け入院。旦那に連絡をしたら仕事終わりに急いで来てくれました。時間が経つにつれて強くなる痛み。PM10:30頃LDRへ移動し、陣痛との戦いが始まりました。子宮口が4㎝・・・6㎝・・・と開き始め、分娩準備が始まり、力一杯イキみました。先生に「後10回で産もう!!おまけなしやで!!」と言われて“後10回がんばったら赤ちゃんに会える”と思い必死に力を入れました。+2回のおまけがついたけど(笑)
たくさん励まして頂いたおかげで元気いっぱいの赤ちゃんに会えました。陣痛中は、もう出産なんてゴメンだぁって思ったけど、赤ちゃんの顔を見たら幸せいっぱい胸いっぱいの感動があって、もう一人ほしいって思いました。これから、初めての育児がんばります!!新米ママやけど、よろしくね。大すき。
先生、スタッフのみなさん、いつも笑顔いっぱいで丁寧に接して頂き本当にありがとうございました。
 

初産でした。11月9日に結婚1周年ということで、結婚式を挙げたホテルで宿泊しました。翌日、家に帰り、トイレに行くと、いつもよりおりものが多く血も混じっていました。おなかの張りもありましたが、予定日が12月6日ということもあり、こんなものだと思い、普通に定期検診に夕方行きました。その日はけっこう混んでいて、帰ろうかと思いましたが、せっかくだんなと来たので受けてきました。すると先生に「子宮が3㎝あいてます。おなかの張りとか無かった?」と聞かれ「入院して下さい」と言われました。そして分娩室に入ってから、あっという間でした。お産の間、助産師さんが冷たいタオルを持ってきてくれ、顔を何回も拭いてくれる度、救われました。入院してからもスタッフの方がやさしく、不安なことには全力でサポートしてくれ、不安は解消されました。
2人目も必ず、こちらで産ませていただきます。お世話になり、ありがとうございました。

2人目で、予定日から一週間過ぎての出産でした。
9日に日付けが変わった夜中、寝ていたら、パチン!「イタッ!」っと思い目が覚めて、キックが痛かったのかな?と思っていたら、破水の感じがしてトイレに行ってナプキンをあてましたがそれでは間に合わず、バスタオル!病院にTELして用意をしている時もドバドバ出てくるので少し不安でした。だんだん陣痛がきましたが、まだまだだと思い、病院に着きました。
1時半過ぎに破水して、2時半過ぎに病院に着きました。分娩室に入ってからもそんなに痛くなく、昼ぐらいに産まれるかなっと思っていたけど、病院に着いて1時間半くらい経った時、もう出したい!!っと思うくらい痛くて、看護師さんが「先生を呼んできたら、もう産もかって言ってくれるから、もう分娩準備するわ!」って言って準備して、分娩に入りました。前より体力も無いし、不安はあったけど、時間を見て「絶対5時半までには産も!」っと思い、イキんだものの一度は「もうムリ・・・」と言ってしまい、後悔・・・
先生が「もう産まれるよ!」って言ってくれた時、「もう息が止まってもいいから、これで出そ!」っと思いイキんだら、元気な泣き声が聞こえてうれしかったです。
陣痛が始まって3時間。すごく痛かったのは1時間くらいで、本当に早いお産でした。今回も先生と看護師さんの「あきらめないよ!!」っというお言葉にはげまされました。ありがとうございました。
それからあわてて足の小指をケガしたダンナにも感謝してます。今回1日付いてくれた母にも感謝です。

第2子となる女の子を出産しました。予定日より一週間遅れでの出産でした。2回目とはいえ、同じようにはいかず、とまどう事もありましたが、助産師さんが声をかけてくれた通りにしたら、本当にすんなりと子どもが出てきて、あまりの感動に涙が止まりませんでした。
今回の妊娠、出産であらためて家族の大切さや周りの皆が助けてくれていることを感じて感謝することができました。きっとこの赤ちゃんが教えるため産まれてきてくれたのだと思います。
元気な赤ちゃんをとりあげていただいて、本当にありがとうございました。

出産予定日11月23日。出産まであと3週間・・・と思っていたら、11月2日AM0:00ぐらいにお腹が少し痛くてトイレに行ったら出血があり「アレッ」と思い、ナプキンを付け朝まで様子を見る事にしました。痛みはありましたが不規則だった為、陣痛なのか何なのかわからず、朝になり再度トイレに行ってみたらナプキンがベトベトになっていたので「破水!!」と思いすぐに病院へTEL 。入院となりました。まだ陣痛も弱かったので、お昼過ぎまで母親と雑談できるぐらいでしたが、痛さがどんどん増してきました。初めての出産なので陣痛の痛さ辛さに、一人では我慢できなかったと思いますが、看護師さんや先生にたくさん励ましの言葉やサポートをしていただき出産することができました。本当にありがとうございました。
日々、我が子のかわいさが増してきています。今は、母乳が出る様に、上手にお乳を赤ちゃんへあげられる様に頑張りたいと思います。
母親になれた事、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

10月26日の明け方、出血と陣痛があり来院するも、その後陣痛が弱くなってきたので帰宅しましたが、先生から「出産が近いね。」とお言葉をいただき、いよいよかと心の準備が出来ました。
10月28日の明け方、またもや出血と陣痛があり、今回も弱くなってしまうのでは・・?と思いきや、みるみる間に痛みが強く、間隔も短くなり、慌てて病院にかけこむと、そのまま入院となりました。初産ということもあり、14時間程度かかるかもしれないと、長期戦を覚悟しましたが、あれよあれよという間に、陣痛が我慢できない程強くなり、4時間41分での出産となりました。分娩中は、あまりの痛さに我を忘れそうになりそうでしたが、マタニティビクスで学んだ事を思い出し、先生と看護師さんの声に勇気づけられながら、なんとか乗り切ることが出来ました。陣痛は、本当に痛くて痛くて、こんな痛みがあっていいのかと思うくらい辛いですが、その先にある我が子との出会いは、なにものにもかえられないくらいの喜びと感動を与えてくれます。
妊娠から出産、退院までサポートして下さったすべての方々に感謝しています。本当にお世話になりました。ありがとうございました!

二人目の出産でした。
一人目は難産で、緊急帝王切開での出産で、小原産婦人科でお世話になりました。二人目は下から産みましょう!と、先生が言ってくれたので、次も絶対小原産婦人科でと決めていました。
二人目なので、妊娠中あっという間に10か月が過ぎ、赤ちゃんが一人目と同じく大きめという事が分かり、健診のたびに不安でしたが、先生が下から産ませてあげたいから、一緒にがんばろう!と励ましてくださり、勇気がわきました。
予定日超過2日目の朝、不規則ではあるけどシクシク痛みが・・・昼すぎには、いつのまにか6分間隔になっていて病院に電話したところ、入院になりました。痛みがそれほど強くなかったし、赤ちゃんの頭の位置も高いので、たぶん産まれるのは明日なんだろうなぁと思っていたら、陣痛がどんどん進み、子宮口も開き始め破水。破水したら、いきなり痛みMAX!!なのに赤ちゃんはぜんぜん下りてこない。先生は残念やけど、もう無理はやめて切りましょうと判断されました。私も主人も、帝王切開になるのは覚悟していたし、なにより苦しんでいる赤ちゃんを早く出してあげたいと思い、手術をお願いしました。
PM22:00ちょうど、おおきな泣き声と共に、4014gの元気な女の子が誕生しました。あまりの大きさに誰もがビックリ!
術後、後陣痛の痛みと寒さでてが震えて辛かったけど、先生が私の手をにぎって「よく頑張ったね」の言葉に感動!!娘のカワイイ顔を見たら、私たち夫婦のもとに産まれてきてくれたことに、ただただ感謝のキモチでいっぱいです。またひとつ宝物が増えました。帝王切開になったけど、満足のいくお産になりました。
先生&スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

21日(日)21時頃~10分間隔の陣痛が始まり、病院へ連絡したところ、病院へ来てくださいとの事でした。そのまま入院。そこから長い一日の始まりでした。
陣痛の痛みに耐えながら、一睡も出来ず。子宮口がなかなか開かず・・・。産まれたのは、22日(月)12:50。赤ちゃんを抱いたら、感動して涙が溢れました。陣痛の痛み、子宮口が開いても上手にいきめないから、もうムリ、もうヤダと思ってしまった、赤ちゃんなんていらないと思ってしまった自分が情けなくなってしまった。こんなお母ちゃんを許してね。でももう弱音は吐かないよ。この経験をしたことで、とても自分自身強くなれたと思う。とても幸せな良い経験をさせて頂きました。もう赤ちゃんなんていらないと思っていたけど、2人目も欲しくなりました。
最後になりますが、先生、看護師さん、励まして頂き、一緒に頑張って頂き、ホントにホントに有難うございました。上手にイキめなくてお尻ばかり下にいってしまい、すみませんでした。2人目の時はもっと上手に出産出来るようにしたいと思います。

最後に旦那さんへ
ずっと私の側で寝ないで腰をさすってくれたり、励まし続けてくれてありがとうね。一生忘れられない大切な思い出が、また一つ増えたね。

この出産に関わってくださった皆さん、感謝しています。ありがとうございました。