小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
産後ノート

2012年10月アーカイブ

今回3回目の出産でした。
まさかの妊娠で・・・診察してもらった時は既に4ヶ月以上、2回目の診察で腹帯と旦那もビックリでした。上2人は男の子で3歳と1歳のやんちゃで大変な時期、体当たりされたりだっこにおんぶそんな中何もなく元気でお腹の中に居てくれ、それからも上の子の保育所の送り迎えでは常に2番目をおんぶして、それでも検診に行くとすごく元気です!!それを聞くたびホッとしました。仕事をしていたのもあり、それからはあっという間に時が経ち、気付いたらもう10ヶ月!!予定日2週間前の検診で子宮口2.5cm 開いてきとるって言われ、3人目やし早いやろな―と思いながら1日1日を過ごし中々陣痛がこず、ついに予定日1日前まで何も兆候はなく検診に来ました。特に変わりなく、後は陣痛を待つだけです!!とのこと。
家に帰り、11時に布団に入り眠りにつくと夜中の3時。ん?!何かお腹痛い?!でも違うか?!また寝ようとするけどやっぱり張る感じ!!2人目がすごく早かったので早めに病院に行った方が良いと思いTEL。「来てください」との事、急いで病院へ。1時間後病院に到着!着いて陣痛が来てるか診てもらうと、5分おきの陣痛!急に強くなる陣痛、もうすでにいきみたいくらい。看護師さんにももう先生きたらすぐ出産になると思うと言われ、もう会えるって気持ちで陣痛を我慢!!先生も診察して”はいもう産まれるよ!!”上のお兄ちゃん達を母親に預けていたので、今回は妹に来てもらい、旦那も急いで向うが間に合わず。そんな中準備も整いいきむ!!もう頭見えとるよ―!!自分でも下がってきとるのがわかるくらいでした。もうそこまできとる!!後ちょっとやぁ!!自分で自分を勇気づけ2回目のいきみ!!ドルンとスッキリ!!と同時に泣き声!!立ち会ってくれた妹と感動で2人して涙。何人産んでもこの出産の感動は変わりません!!元気に産まれてきてくれてありがとう。志摩からくる旦那は間に合わず・・・この子も私がへその緒を切ることに!!またすごい体験をさせてもらいました。2人目も超安産、それ以上に安産で息子に感謝です!!
1人目も2人目も3人目もついてくれた看護師さん、本当に安心して出産することが出来ました。痛いときにさすってくれ励ましてくれたこと、すごく心強かったです!!息子3人を先生に取り上げてもらうことが出来嬉しく思います。
また4人目女の子の時もよろしくお願いします!!!

今回、初めての出産でした。
去年、流産の経験を経ていましたので5ヶ月目までは心配でしたが、順調に経過し何事もなく臨月を迎えることができました。
10月に入る頃から生理痛のような痛みを感じていましたが、予定日を1日2日1週間と過ぎても本格的な陣痛が来ず、23日朝までに何もなければ入院することになりました。マタニティビクスにも通い順調だっただけに「何でだろう?」と不安でしたが、「スイッチを握っているのは赤ちゃんだから」との先生の言葉に、そうだ、とにかく赤ちゃんが選ぶ日を待とうという気持ちに切り替えることが出来ました。
入院予定の前の晩陣痛がようやく始まりました。だんだん強まる痛みに最初は苦しいだけでしたが、助産師さんに呼吸を誘導して頂いてからはコツが分かり、随分楽になりました。激しい痛みに気絶するのではないかと思いましたが、助産師さんから「呼吸うまく出来てますよ、上手」と声を掛けてもらうたびに正気を取り戻せていたように思います。
無事に赤ちゃんが産まれ胸の上に降ろされたとき、その重みと温かさに心一杯満たされました。体重を測るため持ち上げられた時に、初めて「うわーん」と大きな泣き声を上げたことも忘れられません。
痛みの間、相当叫んでいたように思うので、出産後先生に安産と言っていただき、助産師さんも「上手に呼吸してくれてた」と言ってくださって、とても嬉しく救われました。
入院中もスタッフの方々の親身な応対がありがたく、授乳の指導も丁寧できちんと教わることが出来ました。
院長先生はじめ、スタッフの皆さん、マタニティビクスの先生本当にお世話になりました。ありがとうございました。
こちらで出産することができ、幸せでした!

今回2人目の出産でした。
20日の夜10時頃から生理痛のような痛みが10~15分間隔であり、21日深夜1時頃から少し痛みも強まりましたが、5秒位でおさまっていくので時間を計りながら朝を迎えました。
まだまだだとは思いましたが、痛みの間隔が10~13分間隔だったので病院に電話をしたら「一応来てください」とのことだったので病院に行きました。先生に内診をしてもらった結果、子宮口が3cm 開いてるよと言われそのまま入院になりました。
21日夜9時頃までは、陣痛も10分間隔のままで痛みも我慢できる程でしたが、それからだんだん激しい痛みへと変わりました。ただ陣痛の間隔がまだ7分間隔だったのでまだまだなんだろうなと思っていたら、夜12時頃先生が内診して下さり「もうすぐだよ」と言っていただきました。それから娘と一緒に家へ帰っていた主人を呼んで、22日深夜2時頃から分娩室へ連れて行ってもらい4時13分、無事に出産することが出来ました。
私は、1人目の時、破水から始まり陣痛も自然に来なくて陣痛促進剤を打っていただいても強い陣痛まではいかず、最終的には赤ちゃんも下に降りてこなかったので帝王切開で出産しました。
今回は自然分娩で産みたいと思っていて、ほとんどの病院では1度帝王切開していると2度目も帝王切開しかできないんですが、小原先生は「赤ちゃんが下から出たそうにしてたら下からでも産めるよ」と言って下さっていたので、その願いも叶い無事に自然分娩で産むことが出来ました。
1人目の時には経験できなかった陣痛、出産時の痛み…想像をはるかに越えていましたが、ずっと近くでアドバイスや励ましの言葉をかけて下さった小原先生、看護師さん、付き添ってくれていた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。

36週の検診で、子宮口が指1本分開いていると言われました。でも頭がまだ上にあるから「もう少しかかるかなぁ」との事。2人目だし予定日より早まるかなぁと思っていたけど、39週の検診でも開き具合は36週と変わっていなかったので、やっぱり予定日過ぎるのかなぁと思っていました。
22日の6:45頃何かの違和感を感じ、破水かな?と思ってトイレに行っても水が出ているような感じはあまりなく、しばらく様子を見ようと思いました。8:00頃、イスから立ち上がった時に、明らかに破水しているのがわかりました。病院に電話すると、来てくださいと言われ9:00前に病院へ。
内診してもらうと、子宮口が5cm開いているからそんなに時間かからないと思うって言われました。でもまだ痛みは不規則な感じ。ベッドで横になっていると段々と痛みが強くなってきて、10:00頃にはかなり痛みが強くなり、間隔もほとんど開いていないような状態に。付き添ってくれていた旦那さんが見かねて"看護師さん呼ぼうか"と言ってくれたけど、もっと陣痛が続くものだと思って"まだいい"って言いながら必死に耐えていました。でもすごくいきみたくなり、もう限界と思ってナースコールを押して看護師さんに来てもらい、先生に診てもらうと「もう産まれるわ」と言われLDRへ。
いよいよいきむことになり、1回いきんで息が続かなくなり諦めようとしましたが、もう少しやからと励ましてもらい2回息継ぎをしたら「もういきまなくてもいいよ」って言われて、もういいの?って思ったら、するするって産まれてくる感じがわかりすぐに泣き声が聞こえました。
自分でも「えっ!?もう??」ってビックリするくらいのスピード出産でびっくり!!泣いていた赤ちゃんも、胸の上に抱くとすぐに泣き止んでとても幸せな気持ちになりました。
入院中は皆さんに優しく声をかけていただいて、ゆったりとした気持ちで過ごすことが出来ました。
小原先生、助産師さん、看護師さん、本当にありがとうございました。これから2人の育児、頑張ります。ありがとうございました。

2人目のお産でしたが、無事に自然分娩で安産で次男を授かる事が出来まして、本当に良かったです。
予定日から4日が過ぎて、陣痛の痛みもまだ我慢できる・・・まだ大丈夫・・・という感じで、お腹の中の居心地が良かったのか本格的な強い痛みになるまで長かったように思う。
いきみたいのを我慢するのが辛かったけど、赤ちゃんも頑張ってくれて元気な産声を聞けたのは本当に嬉しかったです。
2人目でも、陣痛の痛みはやっぱり痛かったです!!(笑)
腰をさすって下さる看護師さんの手は凄いです!!
腰にも強い痛みが来てたのですが、さすっていただくと不思議と痛みが消え、本当に魔法のようで改めて凄いなと感謝の気持ちです。
今回も無事に出産させていただく事が出来まして、院長先生を始めスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

12日の夜に、父と夫がお腹に向かって「早く出てこーい!」「明日でも良いぞー!」と話しかけていました。
夜中2:00頃にお腹が変な感じになったのですが気のせいだと思い、寝たり起きたりを繰り返していました。が、6:00頃に痛くなりだして寝ていられなくなりました。朝9:00に病院に着いて機械で測りましたが、間隔もバラバラ、痛みもそこまで・・・くらいでしたが、一応入院になりました。
13:00頃に先生に診てもらったら「5㎝開いているし、夕方には産まれますよ。」って言われて、すごく安心。と、共にいよいよか・・・と恐怖におそわれました。
だんだん痛くなってきて、朝の痛みなんかと比べものにならない程の痛みになりましたが「あとこの倍は痛くならないと産まれない」と知った時は、本当に泣きたかった・・・
15:30頃LDRに移動して、約30分はうなりながら激痛との戦い。16:00頃先生が来てくれて「さあ、10回で産もう!」と目標を与えてくれたにもかかわらず・・・うまくいきむ事ができず・・・頭が見えてから10回くらいかかりました。
産まれて超感動!母と夫は「涙が出た。」と言っていました。
初めての体験で、何もかもこわかったけど、先生も看護師さんもみんな親切で、母も夫も立ち会ってくれたし、「出産って1人じゃ無理やなー。」って終わってから改めて思いました。
元々、子どもや赤ちゃんが苦手な私でしたが、我が子を見て「宝物」と本当に思いました。
何があっても守っていきます。
命の大切さを教えていただきました。ありがとうございます。
まだ今は「母親」という実感もあまり無いし、オムツもミルクもお風呂も全く慣れないけど、娘と一緒に少しずつ成長していこうと思っています。
本当にお世話になり、ありがとうございました。
入院も苦にならない位、良い人ばかりで良かったです。
2人目もがんばりますので、よろしくお願いしますね!!

初産!病院はずっと前から小原さんで☆と思っていました。先生、看護師さん達がとても優しく親切にしてくださいました。
初期の頃は、出血が2回もあって入院したけど、無事に安産で産むことができて、本当に良かったです。
金曜日の夜から土曜日の朝方にかけての出産だったので、旦那も仕事終わりから駆けつけることが出来て臍の緒もカットしてもらえました。
腰をマッサージしてくれながら優しい言葉をかけてくれる看護師さんに癒されました。
後は小原先生の優しく頼もしい言葉に身を任せ、無事誕生!!!赤ちゃんの声を聞いた時、ホッとしました。胸の上に乗せた時の愛しさ、たまらないですね。赤ちゃんもすごい頑張ってくれたなって感動しました!
お腹の中にいた時とは違う、命の重さを感じました!大切に大切に育てます。
本当に小原さんで産めて良かったなって思います。ありがとうございました。

里帰り出産のため、34週の健診からお世話になりました。
地元、伊勢の言葉でとても温かい対応で、「こんなにアットホームな病院ってあるんだ!」という第一印象は、退院を明日に控えた今も変わっていません。
健診の時から、子宮口も開いていないし赤ちゃんもおりてきてないなぁ…とのことで、11日まで何もなければ入院をして陣痛をつけることが決まっていました。予定日の2日からまだかまだかと待ちくたびれた9日の夜、主人が里帰り先に来てくれた時から腰の痛みとおなかの張りもあり、間隔をはかりだしました。初めての事で、本当の陣痛なのかわからず眠れるなら大丈夫かも…と横になるも、あまり眠れないまま朝を迎えました。10日の朝、診察を受け入院が決定。やっとか!と思ったものの、ここからが長丁場でした。なかなか陣痛が強くならないまま夜になり、内診やNSTをつけるたび不安が増すばかり。11日に日付が変わったあとLDRに呼ばれてた時も、きっとまた内診で”産まれるのはまだ先やな”って言われるんだろうなと思っていました。その後もしばらく陣痛は強くならず、促進剤の点滴を打ってもらう事に。少しずつ強くなる痛みに耐えられず、ピンポンダッシュの如くナースコールを何度押しても駆けつけてくださり、力強く支えて下さった看護師さんにはとても助けられました。
何回かのいきみの後、「あと15回で産むよ!!」とカウントダウンが始まりました。15回なんて多い―力尽きる―!!と弱気になりそうでしたが、我が子もお腹から出て来るために私以上に頑張っている。先生も看護師さんも、主人も、自ら立ち会いをしたいと言い出した妹も、皆で支えてくれているんだと感じることが出来、ポジティブでお産が出来たと思います。そして本当に15回で出て来てくれた我が子。元気な産声と姿を見た瞬間、今まで感じた事のない感動と愛おしい気持ちでいっぱいになりました。
その後の入院生活もとても快適で、一緒に宿泊していた主人も私もとても満足しています。丁寧な指導はもちろんですが、自然と笑顔で居られるような対応はここでしか体験ができないのではないかと思います。安心して過ごすことが出来ました。明日から新生活が始まりますが、こんなにも素敵な経験が出来た事で、頑張れそうです。
院長先生、看護師の皆さん、ヘルパーさん、スタッフの皆さん。皆さんの温かさ溢れる小原産婦人科で出産が出来てとても幸せです。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

今回2人目の出産でした。
1人目も小原さんでお世話になり、2人目も小原さんでと決めていたので今回もお世話になりました。
予定日は10/4でしたが、予定日を過ぎても兆候も何もなく1日が過ぎました。その日、ママ友から「グッピーの子供が産まれたんやけど、いらん?」というメールが来て、そのママ友の家まで歩いて30分、長男と一緒に遊びに行きがてら行ってきました。
「グッピーは卵じゃなくて赤ちゃん産むんやよ」ってママ友から教えて貰って、私も安産で産めるようにグッピーにあやかりたいわぁ・・とかいう話をしてまた30分歩いて家に帰りました。その日も普通に家事をして長男と歩き回り、お風呂に入ってゆっくりテレビを見ていたら、23時頃お腹の張りとともに生理痛のような痛みが10分毎にきました。でもまだまだ我慢できる痛さ。長男も寝たし、旦那と2人で普通にしゃべりながらテレビを見ていました。24時過ぎたあたりから痛みが強くなってきたので、小原さんにTEL。一応来てくださいとのことだったので、長男を実家に見てもらい準備をして1時半位に小原さんに到着。お腹の張りと心音を確認してもらい、部屋で様子を見ることに・・・。長男の時のお産は時間がかかったので、私も旦那も、まだまだ時間がかかるやろと思っていました。旦那は小腹が減ったので、コンビニにカップラーメンを買いに行き、私は部屋で様子を見ていました。念のため、トイレに行っておこうと思い、トイレできばったら破水し、そこからあれよあれよという間に痛みが増し、いきみたくなり慌ててナースコール!!車いすに乗せられ、分娩台に乗った時には、いきみたくなくても力が入ってしまい赤ちゃんが出てくるところでした。赤ちゃんを産む準備が整い、少し力を入れたら赤ちゃんがポン!!と出てきました。その時のスッキリ感といい、お尻の圧迫から解放された感は爽快でした(笑)コンビニに行ってた旦那も、なんとか産まれる瞬間に間に合いました(笑)1時半に病院に来て、2時44分に娘が誕生するという超スピード出産でした。超安産やったんはグッピーの安産菌のおかげもあるかもしれんけど、妊娠初期からずっとお世話になり見守ってくれた先生、スタッフの皆さんのお蔭です。息子と娘、全然違うお産やったけど、どっちのお産も素敵なお産でした。2人の宝物に出会わせてくれて、本当にありがとうございました。今日からは2児の母!!楽しみながら、がんばります!!

初めての出産でした。友人からも色々話を聞いていて、小原さんで産みたい!!と決めていました。
妊娠が分かった時から、本当に丁寧で、優しい対応をして下さったスタッフの皆様、先生に感謝しています。ささいな事も不安で、何度も質問したり、相談したり、マイナスへ考える事が多い中で、いつも「赤ちゃん元気ですよ。」と伝えてもらう一言と、エコーや心音が聞ける事が励みでした。体重が増えすぎないよう、むくまないよう、10ヶ月間は努力も必要な事も多かったですが、本当に素敵なマタニティライフを送る事が出来ました。
39週に入った検診では、赤ちゃんはまだあまり下へはおりてきていないから、もう少しかな~と言われて、毎日ドキドキして、この子との一体感ももうすぐだなぁと思うと、愛おしくて、毎日写真を撮っていました。
10月7日は主人の友人の結婚式でしたので、毎日主人とお腹をさすって、「もういつ出てきてもいいよ~」「金曜日に出ておいで~」(次の日から主人は仕事休みだから待ってるよ~」と声をかけていました。
そして1日前の10/4(木)の夕方から、定期的にお腹が張るなぁと時間を測り、1H→30分→15分へと。でもお腹の痛みはなかったので、とりあえず布団へ入り眠っていると、夜中の2:30、張りと痛みがおそってきました。今思うと、初めてだったので、これは陣痛?前駆陣痛か分からず・・・。時間を測って耐えていました。
そして朝方7:00、病院へ向うと、子宮口5cm開いていて、先生が「お昼くらいに産まれるに!頑張りましょう!」と言って下さいました。だいたいのめどが見えた事にも勇気を持つことができ、そのままLDRへ向い、お産が始まりました。
朝方だったので、主人も希望通り仕事を休み、ずっと付き添っていてくれました。点滴をしてもらってしばらくすると、先生がみえて分娩台へ・・・。
もう恐くて恐くて、手足がガクガク震えましたが、我が子に会う為に頑張れました。何度もくじけそうになったり、叫んだりしましたが、スタッフのみなさんに背中をさすってもらい、マッサージしてもらい、手をにぎってもらい、汗を拭いてもらい、声をかけてもらい、ひとつひとつを「一緒に!!」してもらえた事が、本当に励みになりました。先生の「あきらめないで!!」「もう一回!!」のかけ声!!本当に力にかわりました。自分の力だけでは絶対に乗り越えられなかったと思いますが、みなさんに支えてもらって、主人に立ち会ってもらえて、この子に会う事が出来ました。抱っこした瞬間に、今までのすべての痛みが消えて、本当に感動しました。素敵なお産を経験させて頂き、ありがとうございました。本当に人生の経験の中での宝物です。これから大変な事がたくさんあると思うけど、決して、今日この日を忘れずに、主人と航希と3人で力を合わせて頑張っていきます。また次に2人目を授かれた時には、小原産婦人科で産みたいです。どうぞよろしくお願いします。
食事もおやつも、とてもおいしかったです。洗濯やお掃除もありがとうございました。
本当に本当に幸せでいっぱいです。赤ちゃん可愛いすぎです。
お世話になった、院長先生、スタッフの皆様、マタニティビクスの先生、本当にありがとうございました。

平成24年9月27日 PM0:56 4134g 女の子

2人目の出産でした。予定日20日、1週間遅れての誕生でした。2人目は早くなるよーとよく聞くのですが、前回も10日遅れていたので、早いといっても予定日は超すんだろうな―とのんびりかまえてました。
前日26日の健診で、10月1日が誘発入院と決まり、"まさか!?"と少し焦りましたが、それまでには絶対生まれてくれる!!と信じていました。
翌日、朝起きると、少し痛い気もするけど下痢か?と思う痛みあり。上の子が起き、散歩でも行こかーとカタツムリ探しをしていると、やっぱり少し痛い気がするけど前回の経験上まっだまだ。家に戻り、一度計ってみようと11:00頃からスタート。5分間隔だったけど痛みが弱く、これも前回の経験上一度家に帰ったパターン。これは、夜中かなーと思っていたら、12:15頃破水。ここからが驚異のスピードで進みました。あれよあれよと言う間に痛くなり、12:30自宅を出る時には激痛。車の振動で更に進む気が。病院に着くまで「フーフー、ヴー」の繰り返しで12:45頃到着。先生・ナースさん達に車イスでLDRへ運んで頂き、着いたら「すぐ産める」と信じ頑張っていたので、分娩台に乗り先生に「もう産まれるな」と言っていただいた時は、どれだけ嬉しかったか。その後2回のいきみで、とっても大きい娘は産まれてきてくれました。旦那は仕事で、あまりの早さで間に合わなかった為、私がへその緒を切りました。(いい経験ができました!!)
先生には「車やったらスピード違反やなぁ」と言われてしまったけど、前回も今回も安産で産ませて頂いたこと、本当に感謝しています。出産当日や面会時には、上の息子にも声を掛けてくれ、うれしい限りです。今回は、あまりにも早く産めたので、先生の掛け声をあまり聞けず残念でしたが、安産に越した事はないなぁと思いました。
一男一女に恵まれ、これ以上の幸せはないです。本当にありがとうございました。明後日退院。3か月健診が終わると病院には来れない(※健診が終了する)のが残念です。先生をはじめスタッフの皆さん、本当にいい人ばかりで、楽しかったです。
 

2人目の出産。21日が予定日でしたが、5日遅れでの出産でした。今回の妊婦生活は、糖尿病との闘いもり、1日1500キロカロリーの制限。そして、血糖値の測定。"やっていけるのかな?"と不安でしたが、先生方の励ましもあり、何とかやってこれました。陣痛が始まるも、子宮は中々開かずで、9:20~点滴開始したものの、痛みが強くなるだけで全開とはいかず。その内嘔吐もしてしまい、助産師さんを始め、皆さんにご迷惑をお掛けしました。無事に出産できたのも、皆さんのお蔭です。本当にありがとうございました。
出産が終了したら、すぐに子育てが始まります。これから色々な事があると思いますが、頑張っていきます。本当にありがとうございました。

初めての出産を終えて、母子共に無事で本当に良かった。皆様、本当にお世話になりました。心から感謝しています。

初めて我が子の産声を聞いた時のあの感動、母になれる喜びで涙があふれてきたのを思い出します。そんな幸せな一時から、まさかあんな苦痛の時間が来るなんて思ってもいなかった・・・。膣壁血腫で切開・ナート、恐怖と激痛に耐えるのに必死でした。何度ナースの手を握り締めただろうか・・・。先生にもスタッフの方にも迷惑をお掛けしました。すみません。しかも、我が子の頭が大きかったのもあり、恥骨結合離開で歩行困難、点滴棒が私の杖がわり、何てこったいって感じでした。
入院中は自分のことで精一杯、我が子なのに思い通りに世話が出来なくて本当に辛かった。そんな時「無理しなくていいよ。慌てなくていいよ。」と声を掛けてくれた言葉に、何度も助けてもらいました。ありがとうございました。退院後は、マイペースで愛しい我が子を育てていきます。