小原産婦人科ホーム 診察内容 病院概要 院内紹介 院長紹介 産後ノート リンク
初めての方へ

母子健康手帳

おなかの赤ちゃんの生存をはっきり
確認いたしましたら妊娠証明書を
発行いたします。
必要事項をご記入の上、市役所か、
もよりの出張所へ届け出て
母子健康手帳をもらいましょう。
診察やご入院時には必ずご持参ください。

定期健診

胎児の発育状況や、母体の異常の有無を
確認する大切な検診です。必ず受診しましょう。
●妊娠23週(6ヶ月)でまでは毎月1回。
●妊娠24週〜35週(7〜9ヶ月)は2週間に1回。
●妊娠36週(10ヶ月)からは1週間に1回。
※定期検診以外でも、つわりがひどいときや出血などの
異常を感じられましたら、なるべく早くご来院ください。

マザークラス(要予約)

さまざまな出会いが、当院とあなた、そして
妊婦さん同士のコミュニケーションを育みます。
母親教室・パパママ教室
妊娠中の心得や産後の生活、育児などについて
ご指導いたします。
マタニティビクス
体力づくりとリフレッシュに最適なエクササイズです。
アフタービクス・ベビーママビクス
少しでも早く妊娠前の体型に戻れるよう、
楽しくレッスンいたしましょう。
.

ご入院のタイミング

次の場合には昼夜を問わず
お電話でご連絡ください。
TEL 0596-28-8111(代)
●陣痛が規則的になったとき。
初産の方は10分おきくらい
経産の方は15〜20分おきくらい
●初産・経産を問わず破水したとき。
●初産・経産を問わず生理よりも多い出血があったとき。
※破水や出血のときは入浴してはいけません。
※経産の方は、お産が思いがけぬ速さで進行することがありますので、陣痛が不規則でも、おかしいと感じたらすぐにご連絡ください。
※夜間(夕方6:00〜朝8:00)は玄関がしまっております。
ご来院時には玄関横のブザーを押してください。

早めに用意しておきましょう。

お母さま用
健康保険証・母子健康手帳・診察券・印鑑・授乳ブラジャー・産じょくショーツ・さらしの腹帯(または産後サポーター)・化粧品・メモ用紙・筆記用具
※下着類にはお名前を書いて下さい。

赤ちゃん用
退院時の衣類一式(アフガン・肌着・ベビードレス・おむつ2〜3組)

当院でご用意している品
お産セット(T字帯・パット・腰まき)・ハミガキ・ボディーソープ・シャンプー・お母さまのねまき・ティッシュペーパー・タオル・バスタオル

当院でご購入いただける品
クリーンコットン・パット・乳帯・前あきショーツ
産後サポーター
入院のお部屋

お産の場合はお見舞いが多く、また、赤ちゃんのお世話に慣れていただくためにも個室をご利用いただいております。

お部屋の備品
ベッド・ナイトテーブル・テレビ・DVD・洗面化粧台・クローゼット・冷蔵庫・時計・ポット・急須と湯のみ・電話(外線電話がご利用になれます) ソファーベッド(付添いの方がお休みいただけます) ※電動ベッド・トイレ・シャワー付きのお部屋もあります。
ご入院中の生活

正常分娩で、お母さまも赤ちゃんも経過が順調な場合は約7日間のご入院です。

赤ちゃんの生活
●ヨーロッパではいま、母児同室が主流ですが、当院でも皆さまに赤ちゃんとの
同室をおすすめしております。
●夜間は、お母さまがゆっくりお休みいただけますよう、新生児室でおあずかりいたします。
●よくお休みになれず、お疲れの場合などは、昼間でも新生児室で
お世話いたしますのでお申し出ください。
●退院後にお困りにならないよう、スタッフが育児をご指導いたしますので、
お気軽にご相談ください。

お母さまの生活
●産後2日目にシャワーをご利用していただけます。
●上のお子さま同伴でご入院いただいてもかまいません。当院では、
それは兄弟愛の確立に理想的なことと考えております。
●とくに付添いのご心配はいりません。洗濯等もスタッフがお世話をさせていただきます。
●沐浴指導、調乳指導を行ないます。
入院費用について

お産は病気ではありませんので健康保険は使えませんが、異常分娩の場合には一部保険で取り扱えます。
費用は正常・異常、昼間・夜間、ご入院から分娩までの時間、平日・休日などの違いによって差が出てまいります。